子連れで沖縄!TRAVEL HACK

ヒルトン沖縄マムバサダー&フリーライターとして活動する シマムラアサミ(島村麻美) が紹介する沖縄のあれこれ。赤ちゃん連れでも、飛行機がはじめてでも、アレルギーがあっても、楽しく快適な家族旅行をプランするためのトラベルハック。著書に「子連れで沖縄 旅のアドレス&テクニック117」@ダイヤモンド・ビッグ社。

子連れ沖縄旅行のプランはこうやる! ~お目当てスポットやお店がある人向けの方法~

time 2017/05/26

子連れ沖縄旅行のプランはこうやる! ~お目当てスポットやお店がある人向けの方法~

沖縄旅行はまずフライトを予約するところからスタートです。旅行会社のパッケージツアーなら同時にホテルやレンタカー、オプションプランも予約するでしょう。

「フライトもホテルもレンタカーも予約したし、オプションでドルフィン体験も予約したし、これでひとまず安心!」

ではいけません。

フライトとホテルが希望通り予約できれば、安心するのもわかります。でも、子連れ旅行は準備が大事。一日ずつのプランをおおまかでも考えておいたほうが、滞在中にあれこれ調べて行き先を考えたり、天気が悪くて予定がおじゃんでやることない、なんていう失敗を避けることができますよ。

sponsored link

■子連れ沖縄旅行のプランはこう組み立てる

わたしはいつもかなり綿密にプランを立てていきます。遊ぶ場所、食事をとる場所、移動の途中で寄り道するカフェ、やちむんを買うお店、などをピックアップして、定休日や営業時間を確認しながら、旅程にはめていきます。

わたし流の子連れ沖縄旅行のプランの立て方をご紹介。

※初めに言っておくと、わたしは予定めっちゃ詰めてとことん満喫したいタイプなので、のんびりゆっくりホテルで過ごしたいという人はこんなことしなくてOKです

・行きたいお店とスポットを書き出す

まずはこれ。ホテルを予約する前に、今回の旅行では何がしたくて、どこに行きたいのか、を書き出します。

例えば、

・1日自由に過ごせる2日目は、ゆっくりビーチとプールで遊びたい
・ランチでは本部にある「ととらべべ」のハンバーガーが食べたい
・美ら海水族館は行ったことあるし、まあどっちでもOK
・水木しか営業していない「器 bonoho」の工房でやちむんをゲットしたい
・滞在中の天気のいい日に、海中道路を渡って「果報バンタ」で絶景を見たい
・11月にある沖縄スイーツのイベントに行ってみたい

のような感じ。

・↑で挙げたお店やスポットの定休日、営業時間を調べる

沖縄の飲食店やショップは、週2日も定休日があるなんてざらです。また、カフェはランチ~カフェタイムのみの営業の所も多く、日没と同時にクローズ、というところも。

せっかく行ったのに定休日でお休みだった、1時間前に閉まってた、なんていう悲しいことにならないよう、事前に調べておくのがベターです。

※もっというと、予約していない飲食店やショップの場合、臨時休業などの場合もあるので、当日電話したり、お店のSNSで確認するとより心配なしです。

・同じく、↑で挙げたお店やスポットの場所を調べて滞在エリアを決める

沖縄の地理感がない人は、全図マップで行きたい場所がどのあたりにあるのか書き込んでみてください。あまりにばらけていたら移動が多くなるし、もしかしたら、行きたかったお店同士が意外と近くだった!なんてこともあります。

また、行きたい場所によって滞在エリアも決まってきます。北中城~読谷村~恩納村あたりの中部に行きたいお店がたくさんあるのに、宿泊を沖縄美ら海水族館がある北部にしていたら、毎日移動で無駄な時間を使うことになりますから。

・旅程を決める

営業日が週1~2日のみというお店や、フードイベント/やちむん市などの日程がピンポイントの場合もあるので、ここで初めてそれを叶えられる旅程を考えます。

例えば、

・器bonohoは水木しか営業していないから、水木金土の3泊4日なら行けそう

・やちむん市がこの週末にあるから、絶対にこの週に行って週末にかぶせよう

・あのフードフェスは土日でやってるけど、日曜はフライトが高いから土曜に行って遅いフライトで帰ろう

のような感じ。

あとは自分やパパの仕事の予定と相談しましょう。

・ツアーやフライト、ホテルなどの予約をする

旅程が決まればあとは予約! 旅行会社のツアーや、個人手配、それはその家族それぞれでしょうからここでは詳細控えますが、どの形であっても、旅程が決まったら早めに予約をすませましょう。

オンシーズンは飛行機の席が並びで取りにくかったり、帰りの便は日曜日の夕方が人気なので、いい時間が確保できなかったりもします。

また部屋数が多いリゾートホテルなら何か月も前に予約する必要はないですが、スモールホテルやプライベートホテルなど、部屋数が少なかったり、希望する部屋タイプの数が少ない場合は、やっぱり早めに確保しないと満室になっちゃいます。

そして意外なところだとレンタカー。個人手配だと忘れがちなのですが、レンタカーもオンシーズンだと不足しがちです。

もちろん、どこも予約取れない!なんていうことはないのですが、割安なプランや人気の車種(コンパクト)から予約が埋まっていくので、最後に残っているのはハイエース等の高いプランや、乗用車タイプばかり、なんてことはあり得ます。

 

 

・飲食店の予約も忘れずに

お目当ての飲食店がある場合は、旅程が決まったら予約をしましょう。予約ができないお店や、ランチは予約不可、という場合もありますが、可能なお店はなるべく予約を。

オンシーズンは飲食店も混みあいます。ディナータイムは18時~19時スタートの時間帯の予約から埋まっていきますので、仮の時間だとしても予約を取ってしまった方がいいです。

ホテルのレストランも、いくつもあるから大丈夫かと思いきや、わりと人気のお店は集中するので、18時~19時くらいのスタートだとチェックインした時にはもう満席、ということもあります。

ほんと、お早めに。

 

・週間天気予報があやしかったら、雨の日プランを用意しておく

1週間前になって、お天気があやしそうだったら、雨の場合に遊べるスポットをいくつか調べておきましょう。

もちろんホテルの屋内プールとかでもいいですが、子供はわがままで飽きっぽい。どっか行きたいなんて言い出した時に、あわてて調べなくていいように、候補をあげておくのがおすすめ。

ただ、沖縄の天気予報はあまりあてになりません。昨日の天気予報では雨って言ってたのに貼れてるじゃん!ということはよくあります。あまり天気予報にかじりついて、一喜一憂する必要はありません。

 

 

■まとめ

ここまでしておけば、あとは子供の体調を整えて、しっかり持ち物を用意して、当日を迎えるばかりです。

旅先でふらっと見つけたお店に入って、そこがものすごくおいしくて当たりだった!というのもいいのですが、子供と一緒だとお店を探す余裕もなかったり、食べ物の好みがあったりして、そうもいきません。

わたしはこうやってかなりプランを計画してから旅立ちますが、みなさんはどうでしょう。

ここまでやらなくてもいいかもしれませんが、お目当てのお店やショップ、ぜひ泊まりたいホテル、晴れたら絶対ここに行きたい!など、明確な目的があれば、こうやってプランしておくと失敗知らずです^^

 
@asami

 
~このブログでは、「子連れで沖縄 旅のアドレス&テクニック117 @ダイヤモンド・ビッグ社」の著者である2児のママが、子連れ沖縄旅行の楽しみ方、失敗しないフライトのコツ、穴場スポット、最新スイーツ店などをご紹介しています~

sponsored link

down

コメントする




注意!意外な落とし穴

Profile

@シマムラアサミ(島村麻美)

@シマムラアサミ(島村麻美)

6歳&1歳怪獣兄弟のママ。「子連れで沖縄 旅のアドレス&テクニック117」の著者で、雑誌の沖縄特集やガイドブックの監修や編集を手掛ける。2017年はヒルトンホテルの沖縄マムバサダーに就任し、沖縄旅をFacebookにて4日間生配信レポート。↓お問い合わせは以下「詳細」ボタンよりどうぞ↓ [詳細]

Instagram



sponsored link