子連れで沖縄!TRAVEL HACK

ヒルトン沖縄マムバサダー&フリーライターとして活動する シマムラアサミ(島村麻美) が紹介する沖縄のあれこれ。赤ちゃん連れでも、飛行機がはじめてでも、アレルギーがあっても、楽しく快適な家族旅行をプランするためのトラベルハック。著書に「子連れで沖縄 旅のアドレス&テクニック117」@ダイヤモンド・ビッグ社。

cafe CAHAYA BULAN(チャハヤブラン) ~海が目の前のサンセットカフェ~

time 2016/07/09

cafe CAHAYA BULAN(チャハヤブラン) ~海が目の前のサンセットカフェ~

sponsored link

cafe CAHAYA BULAN(チャハヤブラン) ~海が目の前のサンセットカフェ~

 

美ら海水族館のある沖縄北部、本部半島。

水族館から少し北に行ったところには、緑あふれるフクギ並木があり、

緑のトンネルを抜けたら目の前は海!

という絶景ポイント。

 

でも意外と美ら海水族館だけ行って、帰ってしまう人も多い。

そんなのもったいないですよ!

 

 

海とみどりが近い備瀬・フクギ並木

 

海は沖縄中どこにでもありますが、

こんなに緑あふれて、かつ海が近い場所はあんまりないんじゃないかな。

 

 

フクギ並木

フクギ並木を抜けたすぐそこは、、、

 

チャハヤブラン

エメラルドブルーの海。

 

海岸沿いに遊歩道がずーっと続いているので、

おさんぽにもぴったり。

 

レンタルサイクルもしているので、

フクギ並木でマイナスイオンを吸いながら、

海沿いをサイクリングなんていう素敵なプランもおすすめ。

 

 

チャハヤブランでひとやすみ

 

おさんぽで疲れたら、チャハヤブランでスムージー。

入り口は日本家屋風で、

これ和食屋さんじゃなくて?と思うたたずまい。

 

でも扉をあけるとそこはアジアンリゾート。

 

窓もすべて解放されていて、

お庭の向こうは海。

 

すごく素敵なロケーションカフェです。

(今沖縄でフリーターしてたら、わたしはこんなお店で働きたい)

 

チャハヤブラン

 

大きなソファ席もあるし、赤ちゃんをごろんさせながら休憩できます。

子供用の絵本とか、沖縄関連の本とかも置いてありました。

 

 

南国フルーツのスムージー

 

カフェ飯ももちろんあるんだけど、

ここではソフトドリンクをぜひ楽しんでもらいたい。

 

ジュースみたいのだけでなく、

中国茶やスムージーの種類がとっても豊富。

自家製ジンジャエールや、自家製ビネガーのソーダなんかもあります。

 

 

スムージーはアボカドバナナ、ゴーヤパイン、パパイヤバニラ、マンゴーミルク、

など惹かれるネーミングのものばかり。

 

その中のひとつ、ドラゴンベリーは色がすごい鮮やか。

 

チャハヤブラン

こういうのを飲むと、南国にいることを実感。

間違ってもホットコーヒーなんて飲まないでください。(飲まんわ)

 

 

チャハヤブラン

上からパチリ、いい眺め♪

 

基本的にスムージーは牛乳を使っているので、乳アレルギーだとNG。

でも、お店の人に相談したら、

アレルギーっ子の息子用に牛乳を水に代えて作ってくれました。

 

味は変わるだろうけど、息子的にはみんなと同じものを飲めて

とっても満足そうだったから、ありがたかったです。

 

 

サンセット?西日?

 

西向きに建っているので、夕暮れ時にはサンセットも楽しめます。

観光客が「サンセット」と言ってありがたがる一方、

地元の人は「ただの西日」とひんやり。(まあそうでしょうね)

 

チャハヤブランはそんなサンセット、いや西日がお店の奥まで差し込みます。

 

なので、一番窓から離れたソファ席にいても、サンセットの時間は日焼け対策必須。

UVストール持参で来店することをおすすめします。

 

でもひんやりスムージーを飲みながら、太陽が少しずつ沈んで、

空の色がどんどん変わっていくのを見られるのは沖縄ならではの時間。

 

子供を庭で遊ばせつつ、

テラス席でのんびりドリンクタイム。

 

海が近いからフォトスポットとしてもおすすめ。

どんどん変わる空色を楽しみつつ、

いろんな角度で写真を撮ってみてくださいね。

 

チャハヤブラン

 

チャハヤブラン

 

ゆっくりゆっくり、一日のおわりを感じながら過ごせる

ロケーションカフェ「チャハヤブラン」でした。

 

 

@asami

 

 

sponsored link

down

コメントする




注意!意外な落とし穴

Profile

@シマムラアサミ(島村麻美)

@シマムラアサミ(島村麻美)

6歳&1歳怪獣兄弟のママ。「子連れで沖縄 旅のアドレス&テクニック117」の著者で、雑誌の沖縄特集やガイドブックの監修や編集を手掛ける。2017年はヒルトンホテルの沖縄マムバサダーに就任し、沖縄旅をFacebookにて4日間生配信レポート。↓お問い合わせは以下「詳細」ボタンよりどうぞ↓ [詳細]

Instagram



sponsored link