子連れで沖縄!TRAVEL HACK

ヒルトン沖縄マムバサダー&フリーライターとして活動する シマムラアサミ(島村麻美) が紹介する沖縄のあれこれ。赤ちゃん連れでも、飛行機がはじめてでも、アレルギーがあっても、楽しく快適な家族旅行をプランするためのトラベルハック。著書に「子連れで沖縄 旅のアドレス&テクニック117」@ダイヤモンド・ビッグ社。

フィッシュバーガーがこんなに美味しいなんて♡ エイトマンズシーバーグ

time 2017/12/26

フィッシュバーガーがこんなに美味しいなんて♡ エイトマンズシーバーグ

那覇空港から車で約15分のところにある瀬長島。

その島のカーブにそって、しなやかな曲線に仕上がっている建物が「ウミカジテラス」です。2015年7月にオープンした商業施設ですが、今年2017年7月には新しく8店舗がお目見え。その中のひとつがこちらの「Eightman’s SEABURG(エイトマンズシーバーグ)」です。

「シーバーグ」という名の通り、フィッシュバーガー専門店。ハンバーガーショップは沖縄にもたくさんありますが、フィッシュバーガーはなかなか聞かないですよね。気になって行ってみたら、想像以上の美味しさでした♡

—————————————————

≪目次≫

1.Eightman’s SEABURG(エイトマンズシーバーグ)とは

2.イチオシメニューはもちろん・・・

3.気候のいい日はテラス席がおすすめ

4.お持ち帰りも活用しよう

5.営業時間、定休日、アクセス

—————————————————

sponsored link

1.Eightman’s SEABURG(エイトマンズシーバーグ)とは

エイトマンズシーバーグ ウミカジテラス

瀬長島のウミカジテラス内に2017年夏にオープンした、フィッシュバーガー専門店鮮魚の仲卸業を営んでいる家の次男さんが仕掛けたお店です。

こちらは糸満市にある行列ができる「糸満漁民食堂」の姉妹店。「糸満漁民食堂」でも鮮魚を使った郷土料理が楽しめますが、それをハンバーガーという形にアレンジ。気軽に食べられるし、このウミカジテラスという立地にはバッチリ合いますね。

エイトマンズシーバーグ

※写真お借りしました https://www.umikajiterrace.com/

こちらは店員さんのユニフォームがとっても可愛い♡ 白いTシャツにストライプのオーバーオールを合わせていて、とってもさわやかで気持ちがいいんです。思わず仲間に入りたくなってしまうほど(笑)

 

2.イチオシメニューはもちろん・・・

エイトマンズシーバーグ ウミカジテラス

「フィッシュバーガー」ですよね。沖縄県産のイマイユ(新鮮な魚)であるメカジキ、シイラ、ソデイカをパテに利用していて、ミートを使ったハンバーガーとは全然別モノ。結構あっさりかと思いきや、食感が楽しく食べごたえもあるし、魚のおいしさがギュっと凝縮したバーガーに。

種類は豊富で、スタンダードな「オリジナル フィッシュバーガー 950円」から、「チーズトマトフィッシュバーガー 1100円」、「マグロタルタルアボカドバーガー 1100円」など、トッピングで味わいにバリエーションを加えています。

フィッシュバーガーといえば、タルタルソース。こちらでは「オリジナル」と「チーズトマト」には自家製ソースがついており、2種類から好きな方を選ぶことができます。「爽やかサルサソース」か「濃厚トマタルソース」か。どちらを合わせるかでまた味に変化が出てきますね。

 

エイトマンズシーバーグ ウミカジテラス

「沖縄風フィッシュ&チップス」は沖縄で昔から食べられてきた「魚の天ぷら」。こちらはセットメニューなので小さめサイズ。子どもも手で持ってパクパク美味しそうに食べていました。

 

3.気候のいい日はテラス席がおすすめ

エイトマンズシーバーグ テラス

エイトマンズシーバーグにはイートイン席の他、海を一望できるテラス席もあります。昼間なら空港まで望めるパノラマビューを、夜なら沖縄の夜景を楽しめます。屋根が付いているので日差しは多少避けられますが、夕暮れ時の西日は強く差し込むので、日焼け止めやサングラス持参で行きましょう。

(ウミカジテラス全体的にまぶしいのでどちらも必須アイテムなのです)

エイトマンズシーバーグ テラス

テラスからお店を見るとこの距離。すぐ目の前にありますよ。

エイトマンズシーバーグで何か注文するのであれば、他の店舗で購入したものを持ち込んでもOKと言ってくださいました。子ども用に「きじむなあ」のタコライスを持ち込んで、テラスできらめく那覇空港を見ながらのディナータイム。秋だったので人も少なく、とっても落ち着いた雰囲気でした。

 

4.テイクアウトも活用しよう

エイトマンズシーバーグではテイクアウトもOK。ウミカジテラスには他にも飲食店が複数入っていて、テイクアウトできる店舗もちらほら。昼間ならテイクアウトをして海沿いで食べるのもいいですね。

各店舗に確認は必要ですが、他のお店のものも持ち込んでOKと快く承諾してくれるお店も多いです。エイトマンズでテイクアウトしたのを他の店舗に持ち込んで、はたまたその逆も。家族で食べたいものが違っても安心です。

エイトマンズシーバーグ テラス

また、ウミカジテラスのすぐ目の前には「龍神温泉 瀬長島ホテル」があります。こちらに宿泊の方はテイクアウトをしてお部屋で食べても。お部屋にはテラス席があるので、テラスから海を眺めながらゆっくりいただくのもおすすめ。

 

5.営業時間、定休日、アクセス

Eightman’s SEABURG(エイトマンズシーバーグ)

【住所】豊見城市 瀬長174-6 ウミカジテラス41

【電話】098-851-9292

【営業時間】10:00~21:00

【定休日】不定休

【HP】https://www.facebook.com/EightmansSeaBurg/

 

■まとめ

ハンバーガー大好きで、沖縄に来るとゴーディーズとかととらべべか、ハンバーガー屋さんばかりが気になって駆けつけてしまう私。フィッシュバーガーなんて〇ックでしか食べた事なかったので、その印象しかなかったのですが、ひとくちたべてその美味しさにビックリ!

魚をそのまま食べるよりも、合わせてパテにして揚げる、という工程を経たことでさらに美味しさが凝縮してジューシーに仕上がっていました。なんだかクセになってしまい、翌日のランチにも食べようかと思ったくらい。(出発時間の関係で叶いませんでしたが・・・)

瀬長島ホテルに泊まる時、そしてウミカジテラスに立ち寄った時にはぜひ食べてみてくださいね。

 

sponsored link

down

コメントする




注意!意外な落とし穴

Profile

@シマムラアサミ(島村麻美)

@シマムラアサミ(島村麻美)

6歳&1歳怪獣兄弟のママ。「子連れで沖縄 旅のアドレス&テクニック117」の著者で、雑誌の沖縄特集やガイドブックの監修や編集を手掛ける。2017年はヒルトンホテルの沖縄マムバサダーに就任し、沖縄旅をFacebookにて4日間生配信レポート。↓お問い合わせは以下「詳細」ボタンよりどうぞ↓ [詳細]

Instagram



sponsored link