子連れで沖縄!TRAVEL HACK

赤ちゃん連れでも、飛行機がはじめてでも、アレルギーあっても、楽しく快適な家族旅行をプランするためのLIFEHACK

子連れで飛行機に乗る直前の過ごし方

time 2016/06/21

子連れで飛行機に乗る直前の過ごし方

sponsored link

子連れで飛行機に乗る直前の過ごし方

 

子連れの飛行機は本当に大変。

飛行機に乗りなれている人ならまだしも、

そもそも飛行機にほとんど乗らない人にとってはストレスすぎます。

 

でも飛行機に乗らないと沖縄には行けないので、

上手に子供と飛行機に乗る方法を学びましょう。

 

朝は余裕を持って

 

まず全般通して言えますが、時間にはゆとりを持って!

子供は本当に何をするか予測不可能なことがありますよね。

 

出発間際にうんちするかも

朝なかなか起きてくれなくて手間取るかも

授乳やおむつ替えでバタバタするかも

 

など、せめて予測できることは想定して、早めの出発を。

空港に1時間半前にはついているように出発時間、

起きる時間を考えてくださいね。

 

 

 

空港での過ごし方

 

空港についたらまずチェックインと、荷物を預けて、身軽になりましょう。

そしたらあとは時計をチラチラ見ながら、子供をひたすら遊ばせます。

 

2016-04-12_225509337_C390E_iOS

歩ける子はひたすら歩かせます。

展望デッキとかでごはんやおやつを食べながら、走りまわらせるのが定番。

 

LCCの時はあまり遊べるところもスペースもないのですが、

それでもなるべく体力消耗させるよう付き合ってあげます。

 

 

乳児さんはおむつ替えと授乳時間の調整が必須。

 

おむつ替えは機内でもできますが、念のため乗り込む直前に換えておきましょう。

わたしはこの前2か月次男にうんちフラッシュされまして、、、

めっちゃ焦りましたが、なんとか洋服に被害を出さずすみました。

 

こういうことがあるので、わたしはいつも替えの洋服も持ち歩いています。

(↑これ必須!)

 

 

関西国際空港のLCCターミナルにはかわいい授乳室も。

 

関西空港

保安検査場を通ったあと、搭乗口付近にあります。

 

もちろん、レンジとか、

関西国際空港

 

おむつ替えシートも。

関空

 

この授乳室がとってもかわいい壁紙で、なんだかほっこり。

 

関空授乳室

沖縄に飛び立つ気分がさらに浮き立つルームでした。

 

ただ!!

 

ここでたっぷり授乳をしてはいけません。

おすすめの授乳タイミングは、離陸直前。

機内に乗り込んでからです。

 

理由は、耳抜きと寝かせるため。

 

空港でたっぷり授乳しすぎないようにしましょうね。

 

 

飛行機に乗る前に勝負は決まってる

 

幼児は幼児の、乳児は乳児の過ごし方と準備をして、

飛行機に乗り込みましょう。

 

準備をしっかりしておけば、意外とすんなりフライトが終わります。

(もちろん思いがけない事も時々起こります・・・それが子供というもの)

 

何しろ、機内ではなるべく昼寝に持っていくよう努めることを強くおすすめします。

 

@asami

 

 

 

sponsored link

down

コメントする




注意!意外な落とし穴

Profile

@シマムラアサミ

@シマムラアサミ

5歳&1歳兄弟のママ。「子連れで沖縄 旅のアドレス&テクニック117」の著者で、雑誌の沖縄特集やガイドブックの監修や編集を手掛ける。→instagram [詳細]

Instagram



sponsored link