子連れで沖縄!TRAVEL HACK

赤ちゃん連れでも、飛行機がはじめてでも、アレルギーあっても、楽しく快適な家族旅行をプランするためのLIFEHACK

花人逢 ~伊江島一望の絶景PIZZA~

time 2016/07/08

花人逢 ~伊江島一望の絶景PIZZA~

sponsored link

花人逢 ~伊江島一望の絶景PIZZA~

沖縄のガイドブックの常連になった「花人逢(かじんほう)」は

伊江島を一望できる絶景のピザ喫茶。

 

美ら海水族館に行った日のランチに困って、

他に行くアテなかったらひとまずここへ立ち寄ります。

 

 

ナビでも不安な道のり

 

ナビに入れて向かうわけだけど、

何回来ても「ここでいいんだっけ?」と不安になりつつ

細い山道をどんどん登っていく先にあるお店。

 

(沖縄って道中不安にさせるくらいわかりにくい場所にある人気店ほんと多い)

 

 

道の途中途中に小さな看板もあるので、

それを確かめつつ、山道からはみ出て落ちたりしないように

ゆっくりゆっくり向かいます。

 

「どんだけ登るの?」というくらい、急な山道なので運転は慎重に。

だかたこそ、お店では伊江島と西海岸の絶景が待ってます。

 

 

観光客に人気のピザ喫茶

 

ガイドブックにもよく載っているし、このあたりの定番ランチになっているので

いつ行っても混雑していて、なかなかすんなりは入れません。

 

 

2015-04-04_014624000_633DB_iOS

 

テイクアウトもできるので、地元の人がテイクアウトしていく姿もちらほら。

 

待ち時間も行列している必要はなくて、

予約表に名前を書いて、呼ばれるのを待っていればOK。

 

暑い日は子供と車で涼みながら待っててもOKだし(パパはお店の近くで待っててね)、

屋根や椅子、さらにはオセロ(!)もある待ちスペースもあって

意外に待ち時間は苦じゃない。

 

お庭からの景色もとってもいいので、

撮影タイムにしてもいいですしね。

 

花人逢

 

 

メニューはピザとサラダのみ

 

室内の畳の座敷もあるけど、

お天気がよかったら外の席もおすすめ。

 

ちゃんと日差し対策はされているので、

子連れでもOK。

ベビーカーを横付けしておく余裕もあるので、

赤ちゃんと一緒の時はベビーカーごと持っていくとらくちんです。

 

店内の席も窓あけっぱなしで扇風機がまわっている感じなので、

めっちゃ快適に涼みながら、というわけにはいかないです。

 

もちろん店内の方が涼しいですが、

外の木陰で風を感じながらの方が、気分的には沖縄を感じられて開放感あってわたしは好き。

(店内もほぼ屋外、っていうくらい窓あいてますけどね)

 

花人逢

 

 

 

そして席について運ばれてきたメニュー。

 

花人逢

 

なんと!

 

扇子!

 

そしてフードメニューは

・ピザ(大)

・ピザ(小)

・サラダ

のみという潔さ。

 

ドリンクはオリオンビールをはじめ、アセロラジュースなど数種類。

 

花人逢のピザはとってもボリューミー。

なぜならチーズが大量だから。

 

2015-04-02_053035252_83854_iOS

どんだけチーズ乗ってるんだよ!というくらい、

本当にたっぷりたっぷりです。

(授乳中ママは乳腺炎に気を付けて!)

 

大人2人、子供もちょっと食べるかな、くらいなら

ピザ(小)とサラダでも我が家は十分。

 

パパが大食いだったらピザ(大)にしてね。

でも完食したあとは、おなかいっぱいすぎて、

他のもの受け付けなくなるので、

食べ歩きする予定の人はやっぱり(小)がおすすめ。

 

サラダもたっぷり。

花人逢

大人二人でこの野菜の量食べたら、まあまあおなかいっぱいになります。

 

 

沖縄の定番ソフトドリンク、アセロラジュースもあります。

 

2015-04-02_052603349_89BE3_iOS

本部町はアセロラで有名だからね。

 

ドライバーじゃなければオリオンをどうぞ。

花人逢

ピザにビールに青空。

最高です。

 

お庭が広いので、子供は飽きたらお庭で走りまわっていられるので、

パパママもわりとゆっくり食事が楽しめますよ。

 

 

高台からの絶景景色とボリュームたっぷりピザを楽しめる「花人逢」、

沖縄初心者さんはぜひ行ってみてくださいね。

 

@asami

 

sponsored link

down

コメントする




注意!意外な落とし穴

Profile

@シマムラアサミ

@シマムラアサミ

5歳&1歳兄弟のママ。「子連れで沖縄 旅のアドレス&テクニック117」の著者で、雑誌の沖縄特集やガイドブックの監修や編集を手掛ける。→instagram [詳細]

Instagram



sponsored link