子連れで沖縄!TRAVEL HACK

赤ちゃん連れでも、飛行機がはじめてでも、アレルギーあっても、楽しく快適な家族旅行をプランするためのLIFEHACK

注目される沖縄のパン屋さん

time 2016/09/07

注目される沖縄のパン屋さん

sponsored link

注目される沖縄のパン屋さん

 

東京でいろんなパンイベントが開催されるようになったここ数年。

沖縄にももれなくパンブーム到来。

わたしが7~10年前くらいに沖縄に通っていた時もいろんな人気パン屋さんを巡っていたけど、

その時とは比べ物にならないほど注目されてきている沖縄パン屋さんです。

 

今では「沖縄パンスイーツフェスタ」というイベントも開催されて、沖縄中のパン屋さんやスイーツ屋さんがずらりと並びます。

東京と同じようなイベントですが、ここは沖縄。

次回2016年11月の沖縄パンスイーツフェスタは那覇空港から最も近いビーチ「美らSUNビーチ」で開催予定です。

開催場所がビーチなんてぜいたくなパンフェスは沖縄ならでは。

 

お天気さえ味方してくれれば、素敵すぎるフェスが開催されます。

 

ということで、今日は沖縄のパン屋さんの話です。

行ったことあっておすすめなパン屋、そしてまだ行ってないけど次回こそ!という行ってみたいパン屋をご紹介します。

 

 

沖縄のおすすめパン屋さん

 

北部エリアから行ってみましょう!

 

PANCHORI-NA (パンチョリーナ)

★行ってみたいシリーズ

 

名護にあるパンチョリーナは手書きPOPに心躍るパン屋さん。

POPを読んでると、よだれがたれるのをぐっとこらえつつどのパンを買おうか・・・ぶつぶつ。

子供も大好きなカレーパンやメロンパンは120円とお手頃価格だし、ランチにぴったりなサンドイッチや、フルーツが鮮やかなデニッシュもそろって親子で楽しめます。

しかも朝7時からオープンしているので、今日の朝ごはんを今日買いに行く、というのもOK。

11時オープンとかのパン屋さんも最近は多いけど、やっぱりパン屋さんは朝からやっててほしいという個人的ワガママ。

本部方面に泊まったら朝食用に買いたいお店のひとつです。

 

パンチョリーナ

http://pancho-ri-na.jimdo.com/

 

 

 

Pain de Kaito (パンドカイト)

★行ってみたいシリーズ

 

オープンして8年営業されている、地元に愛されるパン屋さんです。

パンは毎日のものだから価格を抑えたいという店主のやさしいお心遣いから、パンの価格は全体的にお安め。

でもどのパンもビジュアルがよだれもの。

その一方で小麦、塩、水、イーストのみで作った、究極シンプルな離乳食パンもあり、アレルギーっ子も安心。

しかも30円!(ミニサイズながらも笑っちゃう安さに優しさを感じます)

年中無休で8時からオープンという力強く心はやさしいパン屋さん、次回はこちらのバケット目当てに伺います。

 

 

パンドカイト

http://paindekaito.ti-da.net/

 

 

 

八重岳ベーカリー

★食べた事あるけど店舗入ったことないシリーズ(長いよ・・・)

 

大阪の百貨店の催事ではじめて食べた八重岳ベーカリー。

名護の山奥にあり、なかなか北部に行かない時期が続いたので機会を逃していました。

八重岳ベーカリーのパンは全粒粉を使っていてどっしり素朴なパン。

img_9484.jpg

日々の食事を健康的にしてくれそうな黒めのパンたち。

そのままでもいいけど、バター好きな私はトーストしてバター塗って食べたい。(台無し)

 

img_9482.jpg

ミルクジャムも合います。

この時は催事だったせいか、わりと早くぱさつきめになったので、霧吹きで水をかけてから軽くトースト。

余分な材料が入っていないパンの宿命ですね。

 

パンだけでなく、焼き菓子も売ってます。

私的には八重岳ベーカリーは焼き菓子目当てで行きたい!

img_9476.jpg

このクッキーがとってもおいしい。

粉の味がすごく感じられて、ホント余計に甘くないし、子供にはこういうおやつをあげたいものだ。

(そうもいかない子供たち・・・)

乳成分や卵も入ってないのでアレルギーっ子でも食べられます^^

 

 

 

さ、次は中部行ってみよー!

 

・おとなりや

ここは沖縄のパン屋さんで最近一番行く、読谷村にあるちいさなパン屋さん。

なぜなら、毎回泊まるところがここから徒歩1分だから。

でも近いという理由だけで行くのではもちろんない。

おとなりやさんのパンはわざわざ車を走らせたくなる美味しさとラインナップで、わたしはすっかりお店のトリコです。

 

おとなりや

あんぱんやクリームパンという子供が喜ぶパンから、クロワッサンやハード系の大人向けパンまで。

こんな小さなお店なのにこの網羅したラインナップ。

決してアイテム数が多いわけではないんだけど、食べたいものがありすぎて毎回わたしを迷わせます。

少ない数でこんなに迷わせるなんて、ひとつひとつのパンパワーありすぎます。

 

そしてこんなおちゃめなゆきだるまちゃんに見つめられたら・・・買わないわけにはいきません。

わたしのお気に入りは意外にも(?)甘系のパン。

クリームパンも大好きだし、琉球松というバケットのフレンチトーストもすっごい好き。

琉球松は最近いつも売り切れててしばらく巡り合えていません・・・えーん。

 

デニッシュもとってもおいしいです。

でも絶対に当日食べてくださいね。

デニッシュは翌日まで大事にとっておくパンではありません!

パリッとしたデニッシュと、しっとりのクリーム、瑞々しいフルーツがまじりあう前に食べましょう。

 

おとなりや

http://asian1026.blog51.fc2.com/

 

 

イッペコッペ

今注目の浦添にある港川外人住宅にお店を構えるイッペコッペ。

この街を代表するお店で、かなり前から人気のお店です。

お店に入ると入り口で靴を脱ぎ、スリッパが用意されているというなんだか不思議なパン屋さんではじめ「えっ!」 となります(笑

 

 

カウンターにはお店を代表する人気商品の食パンをはじめ、わたしの大好きなスコーンがおしゃれに並びます。

食パンを旅先で買っても、理想のトーストをできないし、きれいな形のまま持って帰るのも難しい。

なのでイッペコッペのおすすめはスコーンです。

 

イッペコッペ

わたしはプレーンが好きですが、季節に応じてレモンやオレンジなども登場。

「パサパサして喉乾く~」とは無縁のサクしっとりのリッチなスコーンです。

これまた人気なので、変な時間に行くと売り切れててショックを受けることしばしば。

予約した方が確実です。

 

イッペコッペの食パンはお取り寄せもできるので、なかなか機会がない人はぜひ。

でも沖縄は離島。

送料が多めにかかるのは仕方ないですね。

 

イッペコッペ

http://www.ippe-coppe.com/

 

 

U.F.Bの店

嘉手納のわかりにく~いところにある焼き菓子のお店。

前はパンも時々登場してたけど、最近は焼き菓子オンリーになってきました。

こちらで私が絶対に大人買いするのはスコーン。

(沖縄でどんだけスコーン買うんだよくらい買います)

 

UFBの店

こちらのスコーンのコンセプトは、持ち歩ける生ケーキ。

ショートケーキとか、ティラミスとか、アップルパイとか、ケーキをイメージしたスコーンがずらり。

このスコーンは衝撃です。

こんなにしっとりさくっとした食感のスコーンがあるのか!と驚きでした。

 

残念ながら店舗移転の関係で、しばらく店頭営業はなさそうとのこと。

でも通販営業は続きそうなので、気になる方はメルマガ登録して待ってみてくださいね。

 

U.F.Bの店

https://www.facebook.com/ICINGCOOKIE.SHOP

 

 

hoppepan(ほっぺパン)

★行ってみたいシリーズ

 

宜野湾にあるほっぺパンさんはずーーーっと気になっててまだ行けていないお店。

カウンター台に隙間なくずらりと並ぶパンは圧巻。

こちらも手書きPOPをじっくり読みながら、時間をかけて選びたくなるパン屋さんです。

惣菜パンのビジュアルがすごいよだれもので、写真見てるだけできっとお腹なります。

 

ちいさなお店ですが、たくさんの種類のパンが、少しずつ並んでいるので選ぶ楽しさは満点。

お店の方とお話しながら、「パンを選ぶ」という幸せな時間を堪能したい。

 

hoppepan

http://tabelog.com/okinawa/A4703/A470404/47012789/

 

 

 

さ、最後に那覇&南部いってみよー!

 

オハコルテベーカリー

沖縄でおしゃれケーキ屋さんというポジションを確立しているオハコルテのベーカリー。

国際通りから歩ける場所にあるので、帰りの飛行機までに時間がある時は必ずこちらに寄って明日の朝食を確保して帰ります。

オハコルテベーカリー

ベーカリーカフェ&ライフスタイルストアという感じの店内で、ベーカリーはほんの一角。

全体的には雑貨屋さん併設のカフェといった感じでしょうか。

とっても広いのでベビーカーでもすいすい。

オハコルテベーカリー

カフェ利用はまだしたことないのですが、オハコルテベーカリーは7時から空いているので朝食もいただけます。

次回の沖縄旅行で狙っているのはレモンシュガーのフレンチトースト。

 

そしてパンコーナーで一番好きなのはこのバタークリームサンド。

クルミ生地のヴィエノワにクリームがたっぷり。

これを帰りの空港や飛行機内で食べるのが最近のわたしの定番です。

オハコルテビーカリー

 

オハコルテベーカリー

http://ohacorte-bakery.com/

 

 

まとめ

ああ、つかれた。

今回はここまで。

まだまだ行きたいパン屋さんあるのでまた書きます。

 

沖縄のパン屋さんは素材にこだわって地元愛あふれるお店が多い印象。

沖縄を味わうのは沖縄料理だけでなく、「沖縄のパン」という選択肢もあるんです。

ホテルの朝食ビュッフェもいいけど、素泊まりにして朝食に沖縄パンを楽しむのもおすすめですよ。

 

@asami

 

 

 

 

sponsored link

down

コメントする




注意!意外な落とし穴

Profile

@シマムラアサミ

@シマムラアサミ

5歳&1歳兄弟のママ。「子連れで沖縄 旅のアドレス&テクニック117」の著者で、雑誌の沖縄特集やガイドブックの監修や編集を手掛ける。→instagram [詳細]

Instagram



sponsored link