子連れで沖縄!TRAVEL HACK

ヒルトン沖縄マムバサダー&フリーライターとして活動する シマムラアサミ(島村麻美) が紹介する沖縄のあれこれ。赤ちゃん連れでも、飛行機がはじめてでも、アレルギーがあっても、楽しく快適な家族旅行をプランするためのトラベルハック。著書に「子連れで沖縄 旅のアドレス&テクニック117」@ダイヤモンド・ビッグ社。

予約は急いで! この夏泊まりたい沖縄北部のスモールホテル4選

time 2017/06/09

予約は急いで! この夏泊まりたい沖縄北部のスモールホテル4選

本州は梅雨入りしたところですが、沖縄はなんだか梅雨が明けそうなお天気が続いています。

沖縄の梅雨って意外と晴れ間も多いのですが、今年は特別雨が少ないようで、旅行者にとってはなんともラッキーな梅雨シーズンです。

 

梅雨が終わると一気に夏! 沖縄旅行を計画している家族も多い時期ですね。

今日は北部にある小さなお宿4軒をご紹介します。

ちいさなお宿は部屋数が少ないので、わりと早めに満室になっちゃいます。夏の旅行の予約はお早めに。

 

sponsored link

■somos

今帰仁村にあるsomosは1日2組限定のお宿。駐車場に車を置いて、割と長めの石段を上ったところに母屋やお部屋があるのですが、この高台からの景色がとっても気持ちいい。

お部屋や母屋はオーナー夫婦のセンスやこだわりがあふれていて、インテリアショップに泊まっているかのよう。奥様手作りのスワッグも素敵だし、ご主人作の棚やテーブルも手作りとは思えずあっぱれ。

DIY好きな人はインテリアの参考にもなるくらい、とっても素敵なお部屋です。

1泊朝食付きで、朝食プレートはbonohoの佐藤尚理さんのうつわでいただけます。朝からこんな贅沢気分になれるのは、旅行じゃなきゃありえない!

somos 沖縄

→ somos(ソモス)

 

■誠平の宿 johan

同じく今帰仁村にあるお宿ですが、こちらはオーベルジュ。誠平のお料理やスイーツは沖縄のフードイベントではひっぱりだこ。着色料使わないでこの色?! と驚くほどの鮮やかなドーナツや、フォトジェニックな料理を作るオーナーご夫妻が経営しています。

宿泊者はもちろんその誠平のお味をディナーで堪能。おいしいお料理を食べたら、あとは移動もせずに眠るだけ、というのがオーベルジュのなんとも贅沢なところ。

イベントでは行列や完売は必至。なので確実なのはディナーを予約するか、宿泊を予約するか。何にせよまずは電話で営業日や空室を確認してみよう。

ちなみにこちらのリリコイバターはお土産にもおすすめ。

リリコイバター 誠平

 

■tinto*tinto

1組限定の今帰仁村のちいさなお宿。敷地内にはオーナーの両親が経営するお宿もありますが、tinto tintoとしてのお部屋は1室のみ。なので夏休みシーズンなどはかなり早めに予約が埋まっていきます。

オーシャンビューのお部屋はベッドの洋室ではあるけれど、小上がりの畳もあってとっても落ち着きます。玄関で靴を脱ぐので赤ちゃん連れにも嬉しい。

こちらは朝食付きプランもあって、泊まるならぜひ朝食を楽しんで。洋食と和食が日替わりで楽しめますが、どちらも沖縄食材がたっぷり入ってボリュームたっぷり。受付も兼ねているカフェルームでゆっくりいただけます。

ビーチも歩いて行けるので、海遊び帰りはそのまま宿へ帰って、外シャワーを使えるのも嬉しいところ。

tintotinto

→ tinto tinto

 

■ONE SUITE

最近人気が高まってきている古宇利島にある1日1組限定のラグジュアリーなスモールホテル。開放感ある広めのお部屋からはパノラマビューをひとり占め。

屋外ジャグジーもあって、高級リゾートホテルかのような雰囲気。なのに1組限定なわけですから、とっても静かでプライベートな時間を過ごすことができます。

同経営のレストランL LOTA(エルロタ)が古宇利大橋をのぞむ絶好のロケーションかつ、料理もスイーツも絶品!

→ONE SUITE

 

■まとめ

沖縄の北部はスモールホテル、ちいさなお宿がたくさんあるエリア。逆に今帰仁村あたりは大型リゾートホテルがないので、この周辺をじっくり楽しみたいなら、スモールホテルもぜひ選択肢にいれてみて。

ただ、北部のこのエリアはディナー難民の危険がつきものです。ディナー営業のお店が少ない上に、定休日もあるので、宿泊する際はディナーの予定も早めに決めて予約をしておいて。

 

@asami

 

sponsored link

down

コメントする




注意!意外な落とし穴

Profile

@シマムラアサミ(島村麻美)

@シマムラアサミ(島村麻美)

6歳&1歳怪獣兄弟のママ。「子連れで沖縄 旅のアドレス&テクニック117」の著者で、雑誌の沖縄特集やガイドブックの監修や編集を手掛ける。2017年はヒルトンホテルの沖縄マムバサダーに就任し、沖縄旅をFacebookにて4日間生配信レポート。↓お問い合わせは以下「詳細」ボタンよりどうぞ↓ [詳細]

Instagram



sponsored link