子連れで沖縄!TRAVEL HACK

ヒルトン沖縄マムバサダー&フリーライターとして活動する シマムラアサミ(島村麻美) が紹介する沖縄のあれこれ。赤ちゃん連れでも、飛行機がはじめてでも、アレルギーがあっても、楽しく快適な家族旅行をプランするためのトラベルハック。著書に「子連れで沖縄 旅のアドレス&テクニック117」@ダイヤモンド・ビッグ社。

沖縄展開催中! 池袋東武へ急げ!

time 2017/08/25

沖縄展開催中! 池袋東武へ急げ!

こんにちは、ハナコです。

おととい24日から池袋の東武百貨店の8階催事場にて、沖縄展を開催中。

沖縄の物産展かぁ~と思ったあなたは大間違い。

最近各地で開催される沖縄展は、物産展というよりはイベント。

有名なお土産物やご当地グルメだけでなく、最近注目のお店や、地元でも観光客にも人気のおしゃれなお店など、新しい顔ぶれも勢ぞろい。

紅芋タルトとサーターアンダギーだけ買って帰るなんてもったいないですよ。

 

sponsored link

■気になるお店をチェック

沖縄展は来週火曜日までの1週間。

常設店舗でおすすめなのは、この3店舗。

 

・timeless chocolate(タイムレスチョコレート)

沖縄展 タイムレスチョコレート

なかなか沖縄県外でお目にかかることができない、最近注目のお店です。

アメリカンビレッジ内に店舗を構え、名前の通りチョコレートがメイン。

でもただのチョコレートではなく、乳製品が一切使われていない、カカオをガツンと味わえるチョコレート。

沖縄展ではそのチョコレートだけでなく、ブラウニーやハチミツ漬けのカカオニブなんかも売っているので、チョコレート好きの人じゃなくてもチャレンジしてみてほしい。

チョコレートの概念、変わります。

ちなみに写真はいつも店頭で取り扱っている「誠平」のリリコイバター。

 

・SWEETS SHOP SOY SOY

沖縄展 SOYSOY

豆腐マフィンのお店、ソイソイ。本部町市場内にお店を構えており、オーナーの実家である豆腐屋さんからおからや豆乳を仕入れてマフィンを作っています。

3児のママであるオーナーが実演で作るマフィンはどれもふわっとやさしいお味。

おからや豆乳のヘルシーさもありつつ、しっかり美味しいマフィンって意外と出会えなかったりするので貴重です。

こちらも県外出店ははじめてとのことで、沖縄になかなか行けない人は要チェック。

 

・喫茶ニワトリ

沖縄展 喫茶ニワトリ

浦添の外人住宅街にある人気パン屋さんippe coppeが夏だけ営業しているかき氷屋さん。

自家製のシロップは旬の沖縄の果物を存分に使っていて、見た目も鮮やか、食べておいしい。

インスタ映えもバッチリのかき氷です。

マツコの知らない世界で7月には放映されていたため、知名度上昇中。

店主が1人黙々とかき氷を削ってくれるので、少し待ち時間はありますが、ここはのんびりうちな~タイムのつもりで待ちましょう。

 

■人気パン屋も日替わりで登場!

沖縄の有名編集者セソコマサユキさんがおすすめするパン屋2店も、日替わりで登場しています。

読谷村にある「おとなりや」と、宜野湾市にある「宗像堂」。

おとなりやは私も大好きなパン屋さんで、催事でお目にかかるのははじめて。

沖縄で焼いたパンを発送している関係で、パンの種類は多くないですが、ハード系のパン数種類が並びます。

宗像堂は天然酵母パンといえばここ! という人気店で、催事ではいつも行列している人気店。

おとなりやは24日、27日。

宗像堂は26日、28日、各日10時からパンコーナーにお目見えします。

 

■そのほかの気になるお店

催事ではよくお見かけする、マンゴーカフェ、アセローラフレッシュ、さんるーむスイーツ、うるまジェラートなかは今回も出展中。

沖縄展 オハコルテ

沖縄の人気フルーツタルト店「オハコルテ」のタルトとも出合えます。タルトだけでなく、ヒラミーレモンケーキや、とりサブレ、バターサンドもおすすめ。

イートインスペースには「てぃーあんだ」が出展! お昼時には混みあうので、時間をずらしていくのがよさそう。

もちろん、沖縄といえばの「やちむん」コーナーもあります。

沖縄展 志陶房

沖縄展 シマシマポタリ

読谷村の作家のやちむんがずらりと並んでいますので、ぜひこれだ!という出会いがあればお迎えしてあげてくださいね。私のお気に入り「シマシマポタリ」「志陶房」の作品も並んでいました。

そうそう、HABU BOXのカラビサソックスもお気に入りです。

 

■まとめ

8月29日火曜日まで開催中の沖縄展。

見どころたくさんなので1時間じゃ足りないくらい!

平日は思ったほどの混雑ではありませんでしたが、週末は混雑するでしょうね。

お目当てのお店をチェックしてから行くことをおすすめします。

お腹をすかせて、荷物を少なくして、いざ出発。

 

@asami

 

 

sponsored link

down

コメントする




注意!意外な落とし穴

Profile

@シマムラアサミ(島村麻美)

@シマムラアサミ(島村麻美)

6歳&1歳怪獣兄弟のママ。「子連れで沖縄 旅のアドレス&テクニック117」の著者で、雑誌の沖縄特集やガイドブックの監修や編集を手掛ける。2017年はヒルトンホテルの沖縄マムバサダーに就任し、沖縄旅をFacebookにて4日間生配信レポート。↓お問い合わせは以下「詳細」ボタンよりどうぞ↓ [詳細]

Instagram



sponsored link