子連れで沖縄!TRAVEL HACK

赤ちゃん連れでも、飛行機がはじめてでも、アレルギーあっても、楽しく快適な家族旅行をプランするためのLIFEHACK

「リストランテ&エステティックRE@今帰仁村」で子供と一緒に至福のコース料理を堪能しよう@沖縄旅行

time 2017/05/23

「リストランテ&エステティックRE@今帰仁村」で子供と一緒に至福のコース料理を堪能しよう@沖縄旅行

沖縄は梅雨中だし、本州は真夏日が続いているし、いよいよ夏が近づいていますね。

沖縄は6月末に梅雨明けすることが多いので、あと1か月くらいで本格的なシーズンイン! まあ梅雨とはいえ、毎日雨降っているわけではなく、合間に晴れ間も出るので、格安で梅雨シーズンを楽しむのもアリかもしれませんね。

sponsored link

■出産後はなかなか外食がゆっくりできない

沖縄旅行中に限らずですが、出産後は赤ちゃんや走りまわる子供と一緒だと、なかなかゆっくり外食を楽しむことはできません。むしろおいしいはずの料理が、こどもの相手で精いっぱいで全然味覚えていない・・・ということも。

でも、たまにはママだってゆっくり食事を楽しみたい。できればコース料理を前菜からデザートまでじっくりゆっくり楽しみたいです。

■沖縄北部 今帰仁村にある「リストランテ&エステティックRE」が叶えてくれた至福の時間

そんなささいな願望、だけど日常では叶う事のない願望が、まさかの沖縄旅行中にかなえることができちゃいます。

沖縄美ら海水族館のある沖縄北部エリア。ハートロックが有名で今新店舗もどんどんオープンして注目されている古宇利島もある今帰仁村という地区に、RE(アールイー)はあります。

沖縄旅行 今帰仁村ディナー

 

こちらは、1日2組限定のプライベートレストラン。ランチ1組、ディナー1組なので、完全貸切状態です。おかげで子供と一緒でも、歩き回ったり、ギャン泣きしたりするのを必死で止めてイライラせずに、ゆったりとした食事の時間を楽しめます。

少し高台にあるので、お部屋からの景色もオーシャンビューで沖縄を感じられるロケーション。

■REのお料理はおまかせコースのみ

REではメニューがありません。ランチもディナーもお任せコースのみ。予約時に希望を伝えれば、可能な範囲で対応してくれるのもプライベートレストランのいいところ。苦手な食材や、どうしても食べたい沖縄食材など、リクエストしてみてくださいね。

おまかせコースは6000円、ディナーのみおまかせ特別コース8000円もあります。

沖縄旅行 今帰仁村ランチ

こんなテーブルセッティングをされた食事は、出産後なかなかありつけません。久しぶりのコース料理にテンションあがります。以下はコース料理の一部です。

沖縄旅行 今帰仁村ディナー

 

沖縄旅行 今帰仁村ランチ

沖縄旅行 今帰仁村ディナー

■子供連れファミリーには嬉しいサービスや心遣い

赤ちゃんがいると、座敷でもない限り置き場がなくて、ずっとママが抱っこ、という状況にもなりますが、REはテーブルの横にハイローベッドを置いてくれて、赤ちゃんの置き場を作ってくれます。沖旅行にはベビーカーを持っていかない家族も多いですし、赤ちゃんを置いて身軽な状態で食事ができるのは、ママにとってはとても嬉しいこと。

また、16歳未満の子供はコース料理の予算を相談にのってくれます。子供って好き嫌い激しかったり、気分で全然食べなかったりしますよね。せっかくの料理を無駄にしても申し訳ないので、あらかじめ予約時に予算や内容を相談しておきましょう。

■プライベートレストランなので、アレルギーっ子も安心

卵や乳のアレルギーがあると、外食は本当に気を使いますよね。いちいち確認するのも面倒だし、スタッフさんにも手間をかけてしまい申し訳ない気分になります。私も長男がアレルギーだったので、結局持ち込んだり、確実に問題ないであろう白飯やフルーツだけあげたりしていました。

でもREではアレルギー食材をあらかじめ伝えておけば、除去メニューで対応してくれます。いつもは外食でがまんばかりしている子供も、REでならパパママと同じメニューを除去メニューで食べられますし、ママも気を揉むことなく、自分の食事に集中できます。

対面キッチンでシェフと会話しながら過ごせるので、食材で気になることがあったらすぐに聞けるし、丁寧に料理や食材の説明もしてもらえて、本当に安心です。

■旅の予定が決まったら食事の予約もお早めに

夏休みなどのハイシーズンは、飲食店も混みあいます。ガイドブックに載っているようなお店や、席数の少ないお店は、早めに予約が埋まってしまいます。REも1日2組のみなので、旅行の予定が決まったら、早めに予約をしちゃいましょう。

3月に発売した「子連れで沖縄 旅のアドレス&テクニック117」でもREを紹介しているのですが、本を見て予約してくれた家族がたくさんいると嬉しいご報告をオーナー様からいただいています。これからのシーズンは混みあうことが予想されるので、ぜひお早めに。

■そもそも今帰仁村ではディナー難民になるので食事は予約必須

今帰仁村はディナータイムに営業しているお店が少なく、曜日によってはディナー難民になることがあります。私も時々なってしまい、村の商店みたいなところでフライドチキンと白飯買ったことがあります(笑)

REに限らずですが、今帰仁村に宿泊する時は、ディナーをどこで食べるかしっかり予定しておいた方がいいです。定休日にも要注意。

 

■まとめ

オーナーシェフが駐車場で出迎えてくれるところからスタートするREのおもてなし。

ゆっくり食事を楽しむなんて、出産前はありがたいことでもなんでもなかったけど、子供がいるとそれは贅沢な時間となり、日常では味わえないものになりました。

せっかくの沖縄旅行、思いっきり贅沢な食事をREで楽しんでみては^^
→ リストランテ&エステティックREのHPはこちらから(予約もHPでできます)

@asami

sponsored link

down

コメントする




注意!意外な落とし穴

Profile

@シマムラアサミ

@シマムラアサミ

5歳&1歳兄弟のママ。「子連れで沖縄 旅のアドレス&テクニック117」の著者で、雑誌の沖縄特集やガイドブックの監修や編集を手掛ける。→instagram [詳細]

Instagram



sponsored link