子連れで沖縄!TRAVEL HACK

赤ちゃん連れでも、飛行機がはじめてでも、アレルギーあっても、楽しく快適な家族旅行をプランするためのLIFEHACK

瀬長島ホテルは大人がリラックスできる子連れOKリゾート

time 2016/06/15

瀬長島ホテルは大人がリラックスできる子連れOKリゾート

sponsored link

瀬長島ホテルは大人がリラックスできる子連れOKリゾート

 

スモールホテルに泊まる事の多い私ですが、最近おすすめのリゾートホテルに出会いました。

那覇空港からとっても近いので、最終日に泊まるのがおすすめ。

 

 

琉球温泉 瀬長島ホテル

 

それは瀬長島ホテル。

 

那覇空港から車で15分くらいのところにある瀬長島という橋で渡れる小さな離島。

 

そこに2015年にオープンしたのが瀬長島ホテルです。

同じく瀬長島にはウミカジテラスもオープンしたので、最近の瀬長島は急に開発が進んでいます。

 

そんな瀬長島にあるこのホテル。

私はホテルや客室のデザインがすごく気に入りました。

今までのホテルの中でもドンピシャの好み。

瀬長島ホテル

 

 

瀬長島ホテルのおすすめポイント

 

1.ホテルも客室もデザインと色使いが好みすぎる

瀬長島ホテル

ホテルの外観は決して華美ではなく、シンプルで洗練された仕上がり。

木材がうまく使われているところも好みドンピシャ。

 

私が泊まったエアポートビューのお部屋はベッド側の壁紙が藍色みたいな深い青緑みたいな、

色専門家じゃないから何色かわからないけどとにかくすごい素敵な青。

 

これがウッドのベッドフレームによく似合います。

家の寝室がこんなお部屋だったらいいのにと本気で思う。

 

もちろん土足厳禁。

靴を脱いであがるお部屋なので、ハイハイやあんよの子供でも安心です。

ツインベッドもくっつけてハリウッドツイン仕様にしてくれます。

 

 

2.部屋から見える那覇空港滑走路

 

エアポートビューのお部屋だと、那覇空港の滑走路が一望。

ANA、JAL、Peachなどの飛行機が次々飛んでいきます。

子供も大興奮!

 

もちろん近距離なので音もすごい響いて、飛行機好きとしてはゾクゾクします。

窓を閉めれば音はシャットアウトできますが、

ぜひ夜にはテラスでライトアップされた滑走路と飛行機の離発着を見ながらビールで乾杯を。

 

(飛行機の音を騒音と感じる人はこのホテルおすすめできません)

 

 

3.種類充実の温泉施設あり!

 

わたしは温泉も大好き。

でも子供がいるとなかなか温泉にゆっくり入ったりできないから、

わざわざ温泉旅行には行かなくなりました。

温泉地って子供はあんまり楽しくないですもんね・・・

 

でも、瀬長島ホテルは琉球温泉が併設、というかホテル内にあるので、

沖縄旅行ついでに温泉も楽しめます。

4歳の息子を連れて一緒に入りましたが、露天風呂で海をみながらふたりでのんびり。

なかなかいい時間でした。

 

温泉はおむつが外れてないと入れないので、おむつしている乳幼児さんは

お部屋のお風呂になります。

 

我が家も0歳児がいるので、次男はお部屋でパパとお留守番。

でもお部屋のお風呂もすごく清潔感あって、窓もあるから開放感もあり。

わたしは十分に感じました。

 

赤ちゃん連れて温泉行っても、ずっと抱っこで自分がリラックスできないですしね。

 

赤ちゃんはパパに預けて、またはみんなが寝ている早朝にひとりでこそっと、

がここでの私の温泉の入り方^^

 

 

4.ウミカジテラスが目の前で飲食に困らない

ホテルに宿泊していると、夜ご飯はホテルのレストランか、車で外食か、

の2択がほとんど。

那覇市内のビジネスよりホテルならまだしも、

リゾートホテルの近くには徒歩で行けるレストランはあまりありません。

 

なので目の前のウミカジテラスに飲食がそろっているのがありがたい!

しかも真っ白で絵になるウミカジテラスは、絶好のフォトスポット。

階段やお店の前、ひとなつっこいネコちゃんと一緒に、夕日をバックに、

いろんな写真が撮れます。

 

西向きに建っているので、サンセットがばっちり。

(逆に西日がキツくてしんどいという一面もあり)

 

夕暮れ時からおさんぽしつつ、サンセットを楽しみながらテラス席でごはん、がおすすめ。

真昼間だと日よけもなくてとっても暑いので。

あと階段ばかりなので、ベビーカーは置いて、抱っこで歩きましょう。

 

 

5.空港から近いので最終日の移動が少なくて気楽

 

わたしは瀬長島ホテルを最終日に使います。

なぜなら、翌日、レンタカーを返して飛行場に行くのが近いから、というシンプルな理由。

 

別に午後便とかなら、那覇から車で1時間とかの中部エリアからだって全然間に合います。

でも、沖縄は渋滞天国。

58号線の渋滞や、高速降りた那覇市内の渋滞にはまると、むだにイライラします。

 

最後の最後にイライラして雰囲気悪く終わらないためには、

最終日は近くに泊まるのが一番。

でも、最後のホテルがビジネスホテルじゃ物足りない。

そんな時に瀬長島ホテルです。

 

車で15分。

最終日はゆっくり温泉に入って、荷物を整理して、

あとはレンタカーを返却するだけ。

そうするととってもゆったりと旅の終わりを迎えられます。

 

 

 

という感じで、ほかにもインフィニティプールがあるとか、

子供用のアメニティセットをくれるとか、

スタッフさんがとっても感じがいいとか、

朝食ビュッフェも種類豊富だとか、

いろいろありますが、ひっくるめて瀬長島ホテルはすごいお気に入りです。

 

瀬長島ホテル

 

特別子供向けのイベントがあるとか、部屋があるとかではないですが、

やっぱり大人も旅行を楽しみたい!

子供の趣味にばかり合わせず、自分のリラックスのためにわたしは瀬長島ホテルを選びます。

(息子たちすまん!温泉でがまんしてくれ!)

 

@asami

 

sponsored link

down

コメントする




注意!意外な落とし穴

Profile

@シマムラアサミ

@シマムラアサミ

5歳&1歳兄弟のママ。「子連れで沖縄 旅のアドレス&テクニック117」の著者で、雑誌の沖縄特集やガイドブックの監修や編集を手掛ける。→instagram [詳細]

Instagram



sponsored link