子連れで沖縄!TRAVEL HACK

赤ちゃん連れでも、飛行機がはじめてでも、アレルギーあっても、楽しく快適な家族旅行をプランするためのLIFEHACK

ウミカジテラス ~レストラン勢ぞろいの真っ白な新しい街~

time 2016/08/06

ウミカジテラス ~レストラン勢ぞろいの真っ白な新しい街~

sponsored link

ウミカジテラス ~海風が気持ちいい真っ白なあたらしい街~

 

沖縄は小さい島だと思っている人もいるかもしれないけど、そうでもない。

那覇空港は南部にあり、そこから最北端まで行こうと思うと高速を飛ばしても2時間以上は余裕でかかる。

だからあちこち行くと、移動するだけで1日の半分が終わっちゃうことも。

ましてや、子連れ旅行なら長距離移動はなるべく避けたいですよね。

 

そんな家族におすすめなのが瀬長島エリア。

ここ数年で開発が進み、ホテルと商業施設がそろい、一気におしゃれな島に。

橋で行ける離島なので手軽だし、空港から車で10分程度という近さ!

 

ビーチこそないけれど、車でちょっと行ったところにはあるし、

空港近くでリゾート気分を味わいたいなら瀬長島にいってらっしゃいませ。

 

 

頂上には瀬長島ホテル

ウミカジテラス

瀬長島はちいさな離島。

橋を渡った先の高台に見えるのは、なんだかおしゃれ感ただようスタイリッシュなホテル。

2012年にオープンした瀬長島ホテルです。

→ 瀬長島ホテルについての記事はこちら

 

天然温泉もあり、立ち湯からは目線の高さに海が見えるという贅沢な気分を味わえます。

そんな瀬長島ホテルの目の前に広がるのが、ウミカジテラス。

ホテル内でのレストランはいやだけど、車でわざわざ出かけるのも面倒、

というわがまま家族にぴったりで、歩いて1分で到着できる複合商業施設。

眺望の良いレストランが勢ぞろいなので、瀬長島ホテルとセットで楽しみたいエリアです。

 

なんでもおしゃれなウミカジテラス

ウミカジテラス

看板からおしゃれ感ただようウミカジテラス。

 

お店の場所を示すための番号もこんなにおしゃれ。

ウミカジテラス

 

そして階段も建物も真っ白で写真映えすごいです。

ウミカジテラス

このエリアに住み着いてるらしいねこちゃんもいます。

ひとなつっこくて、動物好きの長男がずーーーーーっと追いかけまわして抱っこして、かわいがってました。

 

 

海に囲まれた瀬長島

ウミカジテラス

離島なので海に囲まれていて、もちろんどこにいてもまわりは一面海!

ウミカジテラスは段々になっているので、お店によって見える海景色もちょっと違う。

そして西向きだからサンセットの時間は、どんどん変わっていく空と海の色を楽しみながら食事ができます。

真っ白な建物でリゾート感はバツグン。

 

なのに電柱がむき出しという日常感・・・惜しすぎる。

地下に埋め込めなかったのかな・・・

 

 

テラス席がたくさん

ウミカジテラス

ウミカジテラスはテラス席がたくさん用意されています。

なので、あっちでタコライス買って、こっちでサーターアンダギー買って、子供はここでアイス買って、

ハシゴして買い集めたフードをテラスで楽しめちゃうというリゾート型フードコートのよう。

子連れはこういうの嬉しいですよね。

 

階段もそこらにあるので、ハイシーズンとかで席がうまっていても、

軽食とかドリンクなら階段に座ってひとやすみ、というのも気軽にできてわたしは好き。

 

ウミカジテラス

サーターアンダギーのおみせ、「かめおじーのサーターアンダギー」は揚げたてで出してくれます。

トッピングをして食べるというスタイルで、島マース、紅芋、生クリーム、チーズクリームやアイス各種など豊富。

 

そのまま食べてもザクッとした食感が美味しくて好きだけど、

子供とトッピングを選んで楽しむのもまたいいです。

 

唾液を持っていかれるサーターアンダギーのお供は、

Quickly(クイックリー)のタピオカジュースできまり。

クイックリーは店内も広いので、涼みながら飲むこともできるけど、

せっかくなのでテラスで暑い暑い言いながら楽しみたいわたし。

 

レストランの種類も豊富

ウミカジテラス

ウミカジテラスは軽食だけでなく、もちろん食事を楽しめるレストランも勢ぞろい。

タコライス、イタリアン、焼き肉、ハンバーガー、そば、BBQなどいろいろ。

我が家は「a-29」さんのテラスでBBQが好き。

ウミカジテラス

本格BBQコンロが常設されていて、陽が沈んでいくのを感じながらのんびりできる贅沢BBQです。

お店のお兄さんの好意で、他のお店で買ったスイーツとかジュースを持ち込ませてくれました。

 

そして夜になるとタイマツに火がついて、さらにリゾート感アップ。

子連れだとなかなか夜遅くまで外にいるのはためらうけど、

ホテル徒歩1分のところならちょっと遅くなってもいいですよね。

たまには夜の雰囲気をママも味わいたいし。

(出産後は19時以降に外にいることぐぐっと減ったよ・・・)

 

まとめ

那覇空港から10分のエリアに、子連れにもやさしい素敵なホテルと、

飲食店のそろったウミカジテラスがある瀬長島。

あんまり移動しないで楽しみたい家族にはおすすめのエリアです。

 

瀬長島内は遊泳できるビーチがないので、

那覇空港から一番近いビーチ「美らSUNビーチ」が5分くらい南下したところにあるので、

遊泳したい時はそちらにどうぞ^^

その近くにはアウトレットモールや道の駅豊崎もあるので、

帰りにお買い物もできちゃいますよ。

 

ウミカジテラス

あ、まだねこちゃん追いかけてる。。

(滞在中2時間くらいほんとずっと後追いしてた長男でした)

 

 

@asami

 

sponsored link

down

コメントする




注意!意外な落とし穴

Profile

@シマムラアサミ

@シマムラアサミ

5歳&1歳兄弟のママ。「子連れで沖縄 旅のアドレス&テクニック117」の著者で、雑誌の沖縄特集やガイドブックの監修や編集を手掛ける。→instagram [詳細]

Instagram



sponsored link