子連れで沖縄!TRAVEL HACK

ヒルトン沖縄マムバサダー&フリーライターとして活動する シマムラアサミ(島村麻美) が紹介する沖縄のあれこれ。赤ちゃん連れでも、飛行機がはじめてでも、アレルギーがあっても、楽しく快適な家族旅行をプランするためのトラベルハック。著書に「子連れで沖縄 旅のアドレス&テクニック117」@ダイヤモンド・ビッグ社。

沖縄上級者のお土産はおしゃれなやちむんで決まり!

time 2016/08/02

沖縄上級者のお土産はおしゃれなやちむんで決まり!

sponsored link

沖縄上級者のお土産はおしゃれなやちむんで決まり!

 

沖縄土産に限らず、お土産って定番化したものが多くてちょっとつまらない。

沖縄ならちんすこうや紅芋タルト。

沖縄らしくていいんだけど、沖縄上級者になると物足りなさも感じたり。

 

そんな人にはやちむんがおすすめ。

今はおしゃれな作家さんの作品がセレクトショップにたくさん並ぶようになり、

選択肢もぐっと増えました。

 

食器だけでなく、やちむんのアクセサリーなんかもあるので、

かさばらず、割れる心配もなく、おしゃれなお土産として使えます。

 

わたしのおすすめやちむん、ご紹介しましょう^^

 

 

ヤッチとムーンのうつわたち

ヤッチとムーン

この四角いシリーズは定番でいつもありますが、行くたびに柄が少し変わります。

この4種類、わたしも持っていますが、模様の感じがちょっと違ったりするのが作家さんの手仕事ものならでは。

他の柄もあるので、同じ形で柄違いをいろいろそろえることができて楽しいです。

 

ヤッチとムーン

同じシリーズで豆皿も。

こちらはちょっとしたお惣菜を盛ってあげるととってもかわいい。

離乳食食器や子供の食器としても使いやすいサイズ。

柄がさらに豊富なので、選ぶのにとっても時間がかかるのだけがネックです。

ヤッチとムーン

→ ヤッチとムーン

 

中村かおりさんの繊細なやちむん

中村かおり

中村かおりさんの作品はとっても薄くて繊細、そしてほんわかした色味が素敵。

大人の女性のためのうつわ、という感じ。

ミルクピッチャーという脇役でさえ、凛とした存在感を持っていて食卓で映えます。

 

中村かおり

小さな切り花をそっといけるのもいいですね。

 

カップもかわいい柄で、繊細な細めの持ち手。

中村かおり

お友達のおうちでこんなカップでお茶が出てきたらキュンキュンしちゃいます。

→ 中村かおり

 

mogfmona no zakka さんのセレクト力に脱帽

mogfmona

宜野湾市にあるモフモナさんはセレクト力がすごい。

やちむんだけでなく琉球ガラスや洋服までそろえていてお買い物好き女子にはピッタリのお店。

 

mogfmona

毎年11月には神戸でmogfmona移動店が出店。

沖縄からたくさんのステキなうつわが飛び出してきます。

 

去年の移動店で買ったのは、シマシマポタリさんのボーダーのお皿と、bonohoさんの小皿、宮城陶器さんの小皿。

 

宮城工房

宮城陶器さんのうつわは透明感があってすごくさわやか。

夏のお土産にぴったりです。

ケーキをひとつちょこんと置くのにちょうどいいサイズ。

 

bonoho

bonohoさんのうつわはいろんなところで見かけます。

パステルカラーと水玉のデザインがすごくかわいい。

これはまたちょっと違う雰囲気のシリーズですが、マットでざらつきめの質感がとっても気に入って買っちゃいました。

 

志陶房

志陶房さんの作品も扱っています。

志陶房さんといえば、青いラインが特徴的なカーチベーシリーズが人気で内でも活躍中ですが

同じ質感でちょっとピンクがかったこちらのうつわもおすすめ。

ころんと丸みがあってポタージュスープをいれるのにぴったり。

 

mogfmona

こんな豆皿たちも揃っています。

同じ工房のものを揃えるのもいいけど、やっぱりいろんな柄のものが欲しくなっちゃう。

そんな時は豆皿でいろいろ集めて楽しむのがお手軽です^^

→ mogfmona

 

まとめ

沖縄のお土産、やちむんという選択肢は増えましたか?

お友達へのお土産じゃなくても、自分のお土産、沖縄旅行の思い出として、やちむん巡りをするのも旅の楽しみ方のひとつ。

セレクトショップもいいけれど、壺屋やちむん通りや読谷村のやちむんの里などで作家さんの工房を訪ねるのもまた楽しい。

やちむんの魅力に取りつかれたasamiでした。

 

 

@asami

 

 

 

sponsored link

down

コメントする




注意!意外な落とし穴

Profile

@シマムラアサミ(島村麻美)

@シマムラアサミ(島村麻美)

6歳&1歳怪獣兄弟のママ。「子連れで沖縄 旅のアドレス&テクニック117」の著者で、雑誌の沖縄特集やガイドブックの監修や編集を手掛ける。2017年はヒルトンホテルの沖縄マムバサダーに就任し、沖縄旅をFacebookにて4日間生配信レポート。↓お問い合わせは以下「詳細」ボタンよりどうぞ↓ [詳細]

Instagram



sponsored link