子連れで沖縄!TRAVEL HACK

ヒルトン沖縄マムバサダー&フリーライターとして活動する シマムラアサミ(島村麻美) が紹介する沖縄のあれこれ。赤ちゃん連れでも、飛行機がはじめてでも、アレルギーがあっても、楽しく快適な家族旅行をプランするためのトラベルハック。著書に「子連れで沖縄 旅のアドレス&テクニック117」@ダイヤモンド・ビッグ社。

おしゃれやちむん屋さんに子供は出入り厳禁!

time 2016/06/09

おしゃれやちむん屋さんに子供は出入り厳禁!

sponsored link

沖縄のうつわ、やちむん。

 

お土産屋さんで売ってるのはどれも似たようなものが多いけど、

最近のやちむんは進化中!!

 

素敵な雑貨屋やセレクトショップには、

県内の作家さんの個性的なやちむんがずらりずらり。

 

mogfmona no zakka

たとえば宜野湾のmogfmona no zakkaさん。

ここには胸キュンのうつわが勢ぞろい。

 

もう沖縄旅行費用より、うつわ購入代が幅きかせて仕方ない我が家。。

 

たくさんほしい気持ちをぐっと抑えて、

連れて帰るうつわを真剣に決めます。

 

(心奪われるうつわ全部買ってたら破産やわ、ちーん)

 

 

うつわを選ぶ時にいつも頭を悩ますのが

 

母「いやっ!それ触らないで!!」

子「・・(聞いてない)・・・ガッシャーーーーン!!!」

母「(あーーーーん、もういやっ・・・)」

 

そう、子供が割らないかどうかです・・・

 

小さな子連れでは気が気じゃないうつわ屋さんでのショッピング。

 

ここでの解決法はこの2つに限ります。

 

 

1.パパと駐車場待機しててください


2.近くのカフェとかでおやつタイムしててください

 

 

ひとりでじっくり選びたいやちむん。

 

子供とパパにごめんねして、ひとりでお店に乗り込んでください!

 

 

ちなみに私が最近好きな作家さんやお店は、

 

シマシマポタリ

 


 

茶太郎/ヤッチとムーン

 


 

宮城陶房


 

 

作家さんのやちむんはどうしても高いです。

 

プレート皿4000円とか普通にします。

2枚買ったら8000円?!

とか思うとちょっとなえます。

 

が、今日買わなかったら次の沖縄旅行まで買えない。

 

という免罪符(になってるのか?)でいつも数万円購入してお持ち帰り。

 

どうか我が家もみなさんもやちむん破産しませんようお祈りしてます。

 

 

@asami

sponsored link

down

コメントする




注意!意外な落とし穴

Profile

@シマムラアサミ(島村麻美)

@シマムラアサミ(島村麻美)

6歳&1歳怪獣兄弟のママ。「子連れで沖縄 旅のアドレス&テクニック117」の著者で、雑誌の沖縄特集やガイドブックの監修や編集を手掛ける。2017年はヒルトンホテルの沖縄マムバサダーに就任し、沖縄旅をFacebookにて4日間生配信レポート。↓お問い合わせは以下「詳細」ボタンよりどうぞ↓ [詳細]

Instagram



sponsored link