旅費節約には「羽田空港or成田空港」までの交通費を理解せよ。電車・バス・リムジンタクシーを比較

わたし

こんにちは。
沖縄が好きすぎて本を出してしまったわたし、シマムラアサミ(@okinawa.panchan)です。

子連れ旅行初心者ママ

なるべく飛行機料金を抑えて、沖縄に行きたいです。やっぱり
LCCを利用するのが正解でしょうか?

わたし

LCCは確かに格安で、セールだと片道2,500円なんていくこともあります。

ただ、気を付けたいのは、那覇行きLCCが発着する成田空港までの交通費が意外と高いこと。

今回は成田空港までの移動手段である電車・バス・リムジンタクシーを比較しつつ、トータルで旅費を抑えるポイントをご紹介します。

このブログ記事でわかること
  • LCCは格安だけど、成田空港までの交通費は意外と高い
  • 成田空港/羽田空港への行き方・所要時間・料金
  • トータルで飛行機代を抑えるためのポイント

このブログ記事では、「旅費を節約するならLCCでしょ!」という方に「待った!」をすると同時に、成田空港と羽田空港への行き方や料金、また旅費を抑えるときのポイントをご紹介します。

わたしは現在9歳の長男が0歳のときから沖縄旅行をしていて、子連れ沖縄旅行回数は約30回。子連れフライトは100回以上経験してきました。

そして沖縄が好きすぎて、子連れ向けの沖縄ガイドブックも出版しちゃいました。

「飛行機代をなるべく抑えたいからLCCで計画中」、「空港までの安くて便利な行き方を知りたい」という方のヒントになるはずなので、ぜひご参考に。

シマムラアサミ(@okinawa.panchan
目次

驚きの1万円超え? 空港までの交通費

沖縄フライトを格安にしたいのなら、子連れだってLCCを活用するのはひとつの手。

ただし、LCCの飛行機料金が安いからといって、旅費が必ず安くなるわけではありません。

LCCの那覇便が発着するのは成田空港、居住エリアによっては空港までが小旅行になりかねない距離感です。

ここで気を付けたいのが、交通費

わたし

フライト代がいくら安くても、自宅~空港までの交通費が高いとトータルで旅費がアップしてしまうのです。

仮に「新宿」駅を基点として、成田空港と羽田空港までの交通費をまとめてみました。

\ 成田空港行き。スクロールできます→ /

スクロールできます

スカイライナー

スカイアクセス特急

京成本線特急

高速バス
経路新宿→日暮里→成田空港新線新宿→東日本橋→成田空港新宿→日暮里→成田空港バスタ新宿→成田空港
所要時間約1時間12分約1時間40分約1時間40分約2時間
乗車料金1,470円1,410円1,250円3,200円
特急料金1,250円
合計計2,720円計1,410円計1,250円計 3,200円
2021年8月時点データ

※ 通常時は新宿発の成田エキスプレスも便利ですが、現在、成田エキスプレスは減便運航により本数がかなり限られていて、利用勝手がよくありません。新宿駅からの所要時間は約1時間23分、料金は3,050円とやや割高ですが、新宿から一本というメリットはあります。

成田空港行きはスカイライナーを利用すれば1時間ちょっとですが、片道1人2,720円もかかります。

大人ふたりで往復すると、成田空港に往復するだけで10,880円かかる計算です。

京成線を利用すれば半額くらいに抑えられますが、所要時間は約30分プラス。

一方、羽田空港行きだと以下のようになります。

\ 羽田空港行き。スクロールできます→ /

スクロールできます

モノレール

京急空港線エアポート特急

高速バス
経路新宿→大門(浜松町)→羽田空港第1ターミナル新宿→品川→羽田空港第1・第2ターミナルバスタ新宿→羽田空港
所要時間約42分約48分約1時間
乗車料金720円500円1,250円
2021年8月時点データ

羽田空港行きだと1時間以下かつ片道1人500円~アクセスが可能です。

子連れ旅行初心者ママ

所要時間も電車代もずいぶん差がありますね。

家族で行くとなると、成田空港までの交通費は旅費にまあまあのインパクトを与えそう。

わたし

成田空港と羽田空港との交通費の差は、片道最大2,220円。

LCCが格安で予約できても、空港までの交通費でほかのエアラインとトントンになってしまうこともあります。

子連れにとっては電車移動が長いのも不安材料なので、料金と時間のバランスをよく検討したほうがいいですよ!

自家用車なら空港の格安駐車場を予約しよう

自家用車で空港に向かう場合、旅行中は空港近くのパーキングに預けることになります。

旅行期間が長いほど、駐車場代も負担が大きくなっていくため、なるべく1日あたりの駐車料金が安いところを予約しておくのがベター。

わたし

予約しないで当日その場で探すと、ハイシーズンは特に空港近くの駐車場が満車ということが起こります。必ず予約をしましょう。

空港周辺の格安駐車場を探すなら、「特P(とくぴー)」 がおすすめ。

空港の公式(?)駐車場や民間駐車場だけでなく、個人が提供している格安駐車場なんかもマップ表示で探せます。

料金や時間など、掲載情報が細かいのでとっても探しやすいですよ◎

わたし

子連れはやっぱり空港に近い便利な駐車場を確保したいところ。

ただ、格安を狙うなら、空港からは少し離れて送迎付きのところもアリですね。

\ 連休や週末は早めに予約しよう /

駐車場検索&予約サイト「特P」

飛行機代だけでなく、自宅~空港までの交通費や駐車場代も含めたトータルの旅費で検討しよう!

快適と安心を買う! リムジンタクシーも検討価値アリ

なるべく節約したい、という想いがありつつも、不特定多数と同乗することになる電車やバスなどでの移動を、不安に感じる子連れファミリーもいると思います。

また、大荷物&子どもを連れて電車を乗り継ぐのが大変すぎる時期もあります。

その場合は、自宅から空港まで貸切で送迎してくれるリムジンタクシー がおすすめ。

公共交通機関よりは交通費が割高になりますが、確実に空港までの道のりが安心かつ快適になります。

リムジンタクシーを使うメリットは3つ。

  1. ドライバー以外の不特定多数の人と接することなく空港に到着できる(安心安全)
  2. 自宅から空港まで、大荷物とともに直行できる(ストレスフリーな移動)
  3. 朝7時台出発や夜23時以降到着のLCC便でも、始発/終電を気にしないでいい(時間の自由度)
子連れ旅行初心者ママ

大荷物&子ども連れだと、ほんと自宅~空港間の移動が大変ですもんね。

めっちゃ便利で快適なんでしょうけど、おいくらまんえんでしょうか……

わたし

(言いまわし古いな 笑)

出発地によりますが、羽田便は片道2,980円/人~、成田便は片道5,980円/人~で、子どもは半額です。しかも定額制。

3人以上で乗車するとグループ割もあってお得ですよ!

仮に、リムジンタクシー「ニアミー・エアポート」 で大人ふたり、2歳と0歳の子どもと4人家族で世田谷区役所から乗車する場合の料金例を見てみましょう(子どもは膝の上に抱っこする前提)。

\ 5歳以下は膝抱っこすれば無料/

スクロールできます
(世田谷区発)羽田空港便成田空港便
乗車料金5,960円13,960円
乗車時間約30~50分約1~2時間
2021年9月時点での検索結果

以下は、0歳児のみ抱っこ、2歳児に子ども運賃を適応させた場合の料金例。

スクロールできます
(世田谷区発)羽田空港便成田空港便
乗車料金5,950円15,950円
乗車時間約30~50分約1~2時間
2021年9月時点での検索結果

子ども料金は大人料金の半額で、羽田空港行きの場合は1,490円。ただ、3人以上で乗車すると、グループ割で1人500円(この場合×3で1,500円)割引になるため、子ども1人にシートを与えても、総額はほぼ同額に!(むしろ10円安い)

成田空港行きも差額は2,000円程度なので、膝抱っこが重たくなる2歳くらいを過ぎたら、子どももシートを確保する方がよさそうです。

子連れ旅行初心者ママ

電車代との差額で考えると、羽田空港行きならそこまで負担大きくないんですね。

わたし

むしろプラス数千円で空港まで貸切で直送してくれるなら、大荷物の子連れにとってはうれしいサービスですよね◎

自宅から最寄り駅までが遠い方にはさらにおすすめ。

成田空港行きはやや割高な感じを受けますが、距離があるのでやむなし。

タクシーで行くよりは安いですし、定額なのも安心ポイントですね。

成田空港までは本当に小旅行になりかねないので、子連れ家族はなるべくラクで疲れない移動方法をチョイスしておくと、パパもママも子どもも快適ですよ。

ニアミーエアポートのこと、もうすこし
  • 1人1つまでスーツケースの持ち込み無料(それ以上は1個1,000円追加)
  • ベビーカー1台の持ち込みはスーツケース1つとしてカウント
  • 自宅エリアによって料金が変動する(羽田行きは練馬区・板橋区が最も高くて、4,480円)
  • 予約は原則前日18時まで
わたし

あれもこれも格安を狙うのではなく、快適に旅をするためにはお金をかけるところにメリハリをつけるのも大事です。

\ 料金詳細は公式HPでチェックしてみて /

リムジンタクシー「ニアミー・エアポート」

旅費を節約するなら、空港までの交通費も加味しよう

飛行機代だけが交通費ではありません。

空港までの移動費もしっかり加味したうえで、そして、空港までの時間や乗り換えの手間を考えたうえで、本当にLCCが格安でベストプランなのかを判断しましょう。

大人2人に電車代がかかる子連れファミリーなら、

△ LCCで飛行機代は片道2,500円だけど、自宅から成田空港までの交通費約6,000円で3時間以上

よりは、

〇 羽田発着のスカイマークで片道7,000円、自宅から羽田空港までの交通費約1,000円で1時間程度

の方が、確実に快適かつ充実した旅になると思いますよ。

このブログ記事でわかったこと
  • 新宿から成田空港への交通費は片道約3,000円もかかる
  • 子連れなら数千円プラスしてリムジンタクシーを使うのもアリ
  • 飛行機代+空港までの交通費、そして移動時間や快適さも加味してプランニングしよう
わたし

子連れは移動が本当に大変ですからね。

最安値を狙うのではなく、そこそこ快適で値段にも納得できる、という選択肢をチョイスをできれば、コスパよく旅を充実させることができますよ。

こちらの記事で東京~那覇行き全6社のフライト料金最安値をまとめたので、あわせてチェックしてみてくださいね。

以上、 シマムラアサミ(@okinawa.panchan)でした。

\ 大荷物の子連れに知ってもらいたい /

リムジンタクシー「ニアミー・エアポート」

\ 駐車場情報をマップで探せる /

▶ 駐車場検索&予約サイト「特P」

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

シマムラアサミのアバター シマムラアサミ 沖縄に恋した2児ママ

~子どもと一緒に沖縄に行こう~

はじめてでも失敗しない子連れ沖縄旅行テクを紹介しています。

絶景カフェやおしゃれな沖縄土産は
Instagram(@okinawa.panchan)へ。

▼こんな人
✓ 9歳&5歳 怪獣男子の母ちゃん@東京
✓「子連れで沖縄 旅のアドレスとテクニック117」著者
✓ 子連れ沖縄旅行 累計30回以上
✓ 子連れフライト 累計100回以上

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる