おシャレ銀行で1000円もらって旅行貯金しよ!

【保存版】小学生大満足!沖縄旅行中の遊びスポット&おすすめ体験メニュー

わたし

こんにちは。
沖縄が好きすぎてガイド本を出版してしまったわたし、シマムラアサミ(@okinawa.panchan)です。

子連れ旅行初心者ママ

小学生の子どもを連れて沖縄旅行をします。

小学生が楽しめる(海&プール以外の)遊びスポット、おすすめありますか?

わたし

夏以外のシーズンだと特に、海やプール以外の遊びをプランに入れたいですよね!

わたしが子どもを連れて行ったことのある沖縄おすすめスポットや体験メニュー、定番から変わりダネまで教えちゃいます♪

わたしは現在9歳の長男が0歳のときから沖縄旅行をしていて、子連れ沖縄旅行は約30回、子連れフライトは100回以上を経験

そして沖縄が好きすぎて、子連れ向けの沖縄ガイドブックも出版しちゃいました。

▷著書:「子連れで沖縄 旅のアドレス&テクニック117」@地球の歩き方

「小学生と沖縄で楽しく遊べるスポットを知りたい」、「海やプール以外でも子どもを楽しませたい」という方のヒントになるはずなので、ぜひご参考に。

シマムラアサミ(@okinawa.panchan
目次

一度は行きたい! 定番の遊び&体験スポット6選

まずは、沖縄旅行ガイドブックで一度は目にしたことがある(カモしれない)定番スポットを7つご紹介。

すべて、わたしが小学生の息子たちを連れて行ったことがある遊びスポットで、滞在エリアに合わせていまもよく訪れます◎

次男

小1(2022年現在)のぼくも一緒に紹介するよ!

わたし

メジャーすぎるとあなどることなかれ。

でも、「定番すぎてもう全部行ったことあるよ!」という沖縄中級~上級者は次の見出しにスキップをどうぞ。

\ 6スポットを小学生目線で解説 /

① 海洋博公園&沖縄美ら海水族館
② 沖縄こどもの国
③ ビオスの丘
④ 美らヤシパークオキナワ(東南植物楽園)
⑤ ブセナ海中公園
⑥ Gala青い海

① 海洋博公園&沖縄美ら海水族館(北部エリア:本部町)

ド定番すぎますが、小学生でも安定して楽しめる「海洋博公園&沖縄美ら海水族館」。

このスポットは「水族館」としてとらえると、もったいない!

水族館で大迫力のジンベエザメ&美しい海の世界を楽しみつつ、「海洋博公園」もマスターすると1日めいっぱい遊びまくれます。

小学生におすすめなのは例えばこんなエリア。

  • オキちゃん劇場&イルカラグーン
  • ちびっことりで
  • エメラルドビーチ
  • 夕陽の広場&アクアタウン
次男

イルカのえさやり体験もできるんだよ!

ぼくはちびっことりでのロープをのぼったり、アクアタウンの大きな遊具でお兄ちゃんと遊ぶのが好き!

わたし

植物鑑賞ツアーやナイトツアーなどのイベントを開催している時期もあるので、訪れる前にHPをチェックしてみてくださいね。

\ チケットはアソビューで予約 /

② 沖縄こどもの国(中部エリア:沖縄市)

沖縄こどもの国 ふれあい広場

広い敷地の多くが動物園である「沖縄こどもの国」ですが、こちらの楽しみ方は「動物園」としてだけじゃない!

もちろん、動物はたくさんいて見ごたえはあるのですが、動物鑑賞にあまり興味を示さない小学生(我が家の長男もコレ)には、こんなエリアがおすすめです。

  • ふれあい広場
  • ワンダーミュージアム
  • 釣り堀
次男

ワンダーミュージアム大好き!

ピタゴラスイッチみたいな装置がたくさんあるし、真っ暗なエリアではイスがめっちゃ光ったりするし、たのしい!

ワンダーミュージアムというのはこういう感じのエリア。

沖縄こどもの国 ワンダーミュージアム

敷地内にある施設で、別途料金(大人200円、こども100円…安い)を支払って入ります。

屋内型施設なので、雨の日にもおすすめ。

幼児さんから小学生まで幅広い年齢が楽しめる仕掛けがたくさんあって、ほっておくと3時間くらいは余裕で遊びます。

わたし

釣り好きのお兄ちゃんは釣り堀をいつもやりたがるのですが、土日祝のみの営業なので、平日に行くとできません……ご注意を。

\ 前売りチケットでお得に遊べる! /

③ ビオスの丘(中部エリア:うるま市)

たっぷりの自然のなかで、カヌーや水牛車に乗ったり、島ヤギと戯れたりしてひたすら癒しをくれる「ビオスの丘」。

木でつくられたアスレチックやスリル満点の特大ブランコなど、自然のなかでたっぷり遊べます。

ヤギを発見した当時4歳くらいの次男……シュール。

小学生におすすめな遊びはこのあたり。

  • 島ヤギのお散歩
  • アスレチック
  • 貸しカヌー
次男

写真のは芝生広場にいたヤギだよ!

追いかけっこしたり、紐を引いてお散歩したりして仲良くなれるよ!

わたし

広場にあるのはシンプルな遊具や、竹馬やぽっくりなどの懐かしのアイテムですが、子どもたちはとっても楽しそう◎

カヌーや水牛車は好みが分かれるので(我が家の兄弟は興味なし)、訪れる前にやってみたいか聞いてみよう。

\ アソビューで事前予約できちゃう/

④ 美らヤシパークオキナワ/東南植物楽園(中部エリア:沖縄市)

南国の植物や大迫力のヤシに包まれて、マイナスイオン溢れる「美らヤシパークオキナワ」は、わたしが個人的に大好きなスポット。

普段はお見かけしない珍しい植物がたくさんあるし(植物好きなのでたまらん)、きれいに整備された自然に囲まれて癒されます。

小学生の子どもたちがここに来ると絶対飛びつくのはこれ。

  • 釣り堀
  • 動物ふれあい広場

わたし的にはもっと植物をじっくり観察しながら散策したいのですが、この2エリアにしかじっくり滞在してくれない息子たち……。

次男

釣り堀の池にはめっちゃお魚がいるんだよ!

どんどん釣れるから楽しすぎる!

わたし

土日祝限定&夏季限定ですが、わたしはナイトサファリのイベントが気になる♪

夜ならではの昆虫を発見できるので、爬虫類好き小学生にはめっちゃおすすめです。

\ アソビューでお得に事前予約/

⑤ ブセナ海中公園(北部エリア:名護市)

海にぽつんと建つタワーの階段を下りて海中散策気分に浸れる「ブセナ海中公園」の海中展望塔。

展望塔までの橋から海を見下ろすと、肉眼で魚がたくさん泳いでいて大人も大興奮。

エサを買えるガチャガチャがあるので、ぜひやってみて。

めっちゃ魚集まってくるから♡

次男

エサやりはやっぱりたのしいよね!

水族館にいるみたいなカラフルなお魚がたくさん見れるよ!

わたし

ブセナ海中公園は、ボートの床部分がガラスになっていて海中を覗けちゃう「グラス底ボート」も有名です。

でも、うちの兄弟はじっとするの好きじゃないので全く興味ナシ。延々とエサやりをしています。

\ 公式HPで海の状態を確認してから予約を/

⑥ Gala青い海(中部エリア:読谷村)

読谷村の海沿いにある体験施設「Gala青い海」では、陶芸体験やガラス体験に加え、乗馬体験までできちゃいます。

期間限定ですが、海水をひたすら煮詰める塩作り体験なんかも。

ものづくりに興味があるお子さんにはおすすめですが、(お察しのとおり?)我が家の怪獣兄弟はじっと取り組むのが苦手なので陶芸には興味ナシ。

でも、なぜか塩だけは黙々と混ぜて熱心に作っています。

次男

塩作り体験はめっちゃ暑かったけど、ぐるぐる混ぜたらお水が塩になったんだよ! すごいでしょ!

わたし

我が家はここに来たらソフトクリームがお決まり。

製塩所が併設されているから、お土産にお塩を買ったりもします◎

\ 公式HPで体験メニューを見てみよう/

我が家のお気に入り遊び&体験スポット5選

次にご紹介するのは、我が家の息子たちが特に気に入っているお遊びスポット。

なかには定番スポットも混ざっていますが、小学生の楽しみ方を交えて解説していきます!

\ 我が家推しのスポット&体験たち /

① ネオパークオキナワ
② ブルーシールアイスパーク
③ アメリカンビレッジ
④ 道の駅ぎのざ
⑤ 琉球ログアのキャンドル体験

① ネオパークオキナワ(北部エリア:名護市)

ここの何がすごいって、まあまあデカい鳥類がわんさか放し飼いされているところ。

はじめて訪れた時、ズンズン迫ってくる鳥たちに、息子たちはおののき後ずさり。

エサをあげると寄ってくる(あげなくても寄ってくる)し、近付いても飛んでいかないし、鳥類のサファリパークかのうよう。

動物(というか鳥類)好きの小学生にはスリル満点で楽しんでもらえるはず。

次男

ここはね、鉄道にも乗れるんだよ!

ふれあい広場でモルモットを抱っこしたりもできるから、だいすき!

わたし

もうね、フラミンゴが目の前にめっちゃいるんですよ。

檻や柵の中じゃなくて、同じ空間にそのまま、めっちゃいる。

なかなかの衝撃でした。

\ アソビューで10%以上お安く予約/

② ブルーシールアイスパーク(中部エリア:浦添市)

沖縄を代表するアイスクリーム店「ブルーシール」が運営する体験型施設で、オリジナルのアイスバーづくりを体験できます。

ここは幼児期から何度も来ているけど、小学生になった今も子どもたちは毎回楽しそう。

どんどん完成品のレベルが上がっていくので、子どもの成長を感じます。

次男

作ったアイスはお土産に持って帰るんだけど、最後に自分でソフトクリームを作らせてくれるんだよ!

わたし

冷凍庫に入れる体験もあって、毎回数秒で飛び出てきて「さみいっ!」と凍える子どもたちです

\ 予約は公式HPから/

③ アメリカンビレッジ(中部エリア:北谷町)

北谷エリアと言えばここ「アメリカンビレッジ」。

何があるってわけではないのですが、アメリカンなガチャガチャしたお店をハシゴしながらショッピングをしたり、テイクアウトフードを買って食べ歩きをしたり、「サンセットビーチ」でぴちゃぴちゃ遊んだり、何かしら楽しめる街です。

壁面アートが多くて「映えスポット」としても人気なので、そういうのが好きな女子も喜んでくれそう◎

次男

12月に行ったときは、サンタクロースとかクリスマスツリーとかがたくさん飾ってあってきれいだったよ!

ぼくはいつも「Hold By Hand」や「ブルーシール」でアイスを食べたり、ママのお買い物に付き合ったりしてるよ!

わたし

街散策やカフェ巡りを一緒にしてくれる子ども(特に女子なんでしょうね、我が家はてんで……)とは、めっちゃ楽しめます!

ショップも多いので、ウィンドウショッピングも◎

\ 一年中楽しめる /

④ 道の駅ぎのざ(中部エリア:宜野座村)

ここは道の駅なのですが、裏手に回るとなんと巨大すべり台がある公園「ぎ~のくんランド」が登場!

都心にはなかなかないサイズのローラーすべり台で、かなりの高さからスタートするため、その速さもなかなかのもの。

小学生の息子たちに交じってわたしもやりましたが、結構なスピードで着地にややビビりました。

しかも、この公園、無料なんです(やさしい)。

次男

プールのスライダーみたいな感じで、めっちゃビューンってすべれるんだよ!

のぼるのも楽しいし、お兄ちゃんを追いかけながらずっと遊んでるよ!

わたし

道の駅ぎのざには、浅瀬から噴水がぴゅっぴゅと飛び出る水遊び広場や屋内キッズルームもあるので、幼児さんが遊ぶのにも◎

シーサーの色付け体験や島ぞうり彫り体験もやってます。

\ 水遊びも公園もお土産も! /

⑤ 琉球ログアのキャンドル体験(中部エリア:北谷町)

かわいいキャンドルを製作している「琉球ログア」さんのキャンドル体験。

当時、小学校2年生&年少だった息子たちがめっちゃ集中して楽しんでいました。

キャンドルの元を溶かすところからはじめて、好きな色を組み合わせながら流し込んで、最後は型抜き。

仕上がりはめっちゃ可愛くて、一向に使えそうにありません。

次男

ぼくもやりたかったけど、キャンドル溶かすときに熱いから、お兄ちゃんがやってるのをお手伝いしたよ!

わたし

公に体験コースを募集している感じではないので、ご希望の方はお問合せしてみてくださいね。

\ シーサーキャンドルもツボすぎる♡ /

【番外編】こんな遊び方もおすすめ

最後に、「スポット」という切り口ではないのですが、小学生と一緒に楽しめそうな遊び方&体験メニューをご紹介。

\ 3つの遊び方を解説! /

① ビーチコーミング
② ホテルの体験メニュー
③ 屋外イベント(フードフレア、沖縄スイーツフェスタなど)

① ビーチコーミング

ビーチコーミング 沖縄

沖縄の天然ビーチには、きれいな貝殻やビーチグラスがたくさんあります。

それらをただただ集めて、両手いっぱいにするだけで、子どもはとっても楽しそう。

海に入れない秋冬シーズンや、海が苦手な子どもも、沖縄のきれいなビーチを満喫できますよ。

次男

ぼくはね、夏以外に沖縄に行くといつも貝をたくさん拾うんだよ!

お兄ちゃんと競争するんだ!

わたし

ビーチで拾った貝がらやビーチグラス、サンゴなどを持ち帰るのは法律で禁止されています。

ビーチ管理者の許可があればOKなのですが、勝手に持ち帰らないように注意しましょうね。

② ホテルの体験メニュー

シーサー絵付け、貝殻のフォトフレームづくりなど、リゾートホテルのロビーやプールサイドでは体験メニューが用意されているところがほとんど。

ホテルによってメニュー内容はさまざまですが、クラフト系が好きな子どもは、ホテルおこもりDAYにチャレンジしてみてもいいカモ♪

次男

ぼくはシーサーに色を塗って、おうちに飾ってるよ!

わたし

夏休みなら事由研究にもなりますよ。

メニューによっては事前予約必須のものもあるので、宿泊ホテルが決まったら体験メニューを調べてみるといいですよ◎

③ 屋外イベント

「OKINAWA FOOD FLEA」や「沖縄パンスイーツフェスタ」など、年に数回しか開催されないけれど、毎回地元の人にも大盛況のイベントたち。

旅行日程と開催日がカブったらもう行くしかない!

沖縄の人気店が終結するので、お祭り気分で楽しいし、美味しいし、大人も子どもも大満足♪

次男

ぼくはね、竹にパン生地を巻き付けて焚き火で焼いたのが楽しかったな♡

わたし

沖縄マニアからすると、こういうイベントは人気店と一気に巡り合えてとっても楽しい&ありがたい♪

イベントによっては雑貨の販売や体験メニューなんかもあるので、旅程が決まったら沖縄のイベント情報はぜひチェックしてみてくださいね。

このブログ記事の結論
  • 小学生とはいえ好みがあるので、子どもに合わせた遊びを提案しよう
  • 事前予約がお得な施設アリ! あらかじめアソビューなどで予約しておこう
  • 各スポットやホテルのイベント情報をチェックして、イベントをフル活用しよう
わたし

ということで、小学生との沖縄旅行でおすすめの遊び方&体験メニューをご紹介しました。

海やプールもいいけれど、お天気が崩れることも多いので、いろんな選択肢を用意しておくと安心ですよ◎

以上、 シマムラアサミ(@okinawa.panchan)でした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

シマムラアサミのアバター シマムラアサミ 沖縄に恋した2児ママ

~子どもと一緒に沖縄に行こう~

はじめてでも失敗しない子連れ沖縄旅行テクを紹介しています。

絶景カフェやおしゃれな沖縄土産は
Instagram(@okinawa.panchan)へ。

▼こんな人
✓ 9歳&5歳 怪獣男子の母ちゃん@東京
✓「子連れで沖縄 旅のアドレスとテクニック117」著者
✓ 子連れ沖縄旅行 累計30回以上
✓ 子連れフライト 累計100回以上

コメント

コメントする

目次